コラム/エッセイ

  1. 「俺は四つの頃からマルボロさ。」[ 日刊CL*87 ] 2014/04/18

    Smoking / liber煙草をやめてから、たぶん三年くらいになる。吸いはじめたのがたしか中二くらいだったから、だいたい二十年くらいは毎日煙草を…

  2. 世の中には弦楽四重奏曲をつくる人間もいれば、ブログをつくる人間もいる。[ 日刊CL*86 ] 201…

    A coffee in the morning (or working late) / F H Mira僕が今就いている仕事は、誤解を恐…

  3. 今夜もコーヒーが飲めない僕は。 [ 日刊CL*85 ] 2014/04/16

    Americano / modomatic数年前から、あんまりコーヒーを飲まなくなった。それ以前は、カルディとかで安いコーヒー豆…

  4. 山崎まさよしの「中華料理」という曲が好きだった。[ 日刊CL*84 ] 2014/04/15

    のれん / sabamiso山崎まさよしの「中華料理」は、片想いを寄せた女の子にもっと近づきたいんだけど、できれば街の中華料理屋さんみたいな肩肘のは…

  5. あの日、倒れそうだった僕に希望をくれた一冊の本。 [ 日刊CL*80 ] 2014/03/21

     立花岳志さんの渾身の新刊が発売されたというので、書店に立ちよってみたら、懐かしい本と再会した。C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリ…

  6. あなたの子どもたちは笑っていますか?戦争や災害に苦しむ人々に、僕らができる本当のこと。

    Save The Childrenが制作した、戦時下にあるシリアを題材にしたショートムービーをネットで見た。…

  7. ダメなお店は、僕を映す鏡なのかもしれない。[ 日刊CL*72] 2014/03/01

    サービス業の経験が長かったせいか、外へ出ると、お店の雰囲気や接客が気になる場面が多い。店員さんの対応にや…

  8. ちょっとした悩みは、身近な人に相談することで解決する。[ 日刊CL*71 ] 2014/02/27

    この前のお休みに、家族で公園へ遊びにいったときのこと。みんなでひとしきり遊んだ後、ちょっと疲れた僕と家内は、ぽかぽかの陽光を浴びながら、芝生に寝…

  9. 車をぶつけた家内と、車をぶつけられた家内の話。[ 日刊CL*70 ] 2014/02/25

     car accident / hodgers家内はとてもよくできた嫁だが、とても運転が下手だ。しょっちゅう壁とか花壇とかポールにぶつけてくるので、…

  10. 僕は「Let it be」が嫌いだった。[ 日刊CL*69 ] 2014/02/24

      昨日はしれっと日刊を休んでみました。時間がなかったわけでも忙しかったわけでもなくて、ただなんとなく、今日はいいかな、と思ったんですよね。先日も書い…

  11. 休日の冬の公園で、モリー先生の言葉に思いを馳せる。[ 日刊CL*68 ] 2014/02/22

    家族で公園へ出かけてきた。二試合同時にサッカーの試合ができるくらい大きな芝生の広場に、我が家より大きな遊具と滑り台。ウサギや…

  12. 車の窓を開けなかったおじさんの話。【後編】[ 日刊CL*67 ] 2014/02/21

    働く男達 / hemiolia(前回までのあらすじ)仕事で繁華街の路地裏に駐車スペースを探していたとき、貨物スペースに乗用車を駐めている人がいたので…

  13. 映画『岸和田少年愚連隊』が教えてくれる、古き良き日本の姿と、人生の大切なこと。

    中学生の頃から映画好きだった僕が、いちばん好きな映画は『岸和田少年愚連隊』だと言うと、意外な顔をされることが多い。…

  14. 車の窓を開けなかったおじさんの話。【前編】[ 日刊CL*66 ] 2014/02/20

    Metz / gaku.今日は、久しぶりに現場仕事に出た。池袋など都内の、決まった店舗に荷物を運ぶ、いわゆるルート配送というやつ…

  15. 僕の一月は幻だったのか。just like starting over. [ 日刊CL*64 ] 2…

    先週は、デジタル・デトックスだとか、ブログ休暇だとかカッコつけて、プライベートに休養期間を設けたわけだが、何のことはない。言ってみれば、年末年始…

  16. [ 日刊CL*61 ] むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。20…

    作家・井上ひさしさんの有名な言葉があります。「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじ…

  17. [ 日刊CL*50 ] 無銭飲食のおじさん 2014/02/04

     大学生の頃、アルバイトをしていた大衆居酒屋に、いつも開店直後にやってくるおじさんがいた。週に一回くらいしか来ないんだけど、まだ他にお客さんがいない時間帯…

  18. [ 日刊CL*8 ] 幸せとは独りじゃないと思えること。2013/12/24

    今日は久しぶりの外勤で残業。帰宅ラッシュの渋滞に呑まれながら、横浜の夜の街をのろのろ運転して帰ってきた。街角のコンビニの前には、サンタ帽をかぶっ…

  19. 一日の終わりに幸せをくれる「ありがとうの石」という習慣

    夜寝る前に「ありがとうの石」を手に持って、今日一番嬉しかったことを思い出すという習慣をはじめた。五歳の次女は歯を磨きながらしばらく考えた後に、満…

  20. 本代が気になるあなたに、図書館という智恵の宝庫を教えてあげたい。

    本代が馬鹿にならない。ネットを眺めていると、毎日のように素晴らしい(ように見える)書籍が発売され、多く読まれている古典が見直され、友人たちが新た…

  21. トゥルー・ロマンスでブラピが住んでいた家に住みたかったんだ。

    映画『トゥルー・ロマンス』で、ブラッド・ピット演じるジャンキー青年が住んでいた小汚い家が好きだった。ごちゃごちゃと散らかった部屋は豊かな陽光に包…

  22. 生まれ変わったサッカー日本代表と僕のブログのチャレンジングについて。

    16日にベルギーで行われた国際親善試合で、サッカー日本代表は強豪オランダと2ー2で引き分けた。エースストライカーのファン・ペルシーがいなかったり…

  23. 偏屈じじいのけじめとJamieの歌声に涙し、僕は懸命に生きようと誓った。『グラン・トリノ』

    観終わってもいないうちに思わず唸ってしまう映画というのがある。かつては『シャイニング』や『スモーク』、タランティーノの『レザボア・ドッグス』などがそうだ…

  24. 読むだけで心にも体にも美味しい物語『薬菜飯店』

    冬の足音が近づいてくると、身体の調子がすこしずつ停滞しはじめていくのがわかる。朝晩の空気が乾燥してくると、埃アレルギーが出て鼻が詰まってくるのだ…

  25. クッキーモンスターからの脅迫状。

    2013年1月。創業120年を越えるドイツの世界的ビスケットメーカー『バールセン』の本社に掲げられていたオブジェが盗難されるという事件が起きた。…

  26. 「ありがとう」と「負けてたまるか」のあいだに、本当の幸せがある。

    Thank You / { k2 }「あなたは、小さな幸せを見つける達人だ」と言われたことがある。毎日食べるごはんや子どもたちの笑顔、冬の陽光や小説…

  27. 壊れないロールスロイスとお姫さま。

    Vanden Plas Princess / pyntofmyld最近は歳のせいか、街を歩いていて珍しい車を見かけても昔ほど気に留めることはなくなったのだけ…

  28. 生きることについて語るときに、僕の語ること。

    連休最後の日の夕方に、書斎の断捨離をしていたら村上春樹さんの『走ることについて語るときに僕の語ること』を見つけたので、すこしだけ読んでみた。第二刷発行2…

  29. フィクションが足りないと、人生は色を失っていく。

    Ivy reads in bed / Richard Masoner / Cyclelicious「容疑者Xの献身」という映画をテレビで観た。僕はミステリ小…

  30. 立花さんの驚愕の更新ペースを見て、ブログの書き方について考えてみた。

    今日は久しぶりに予定を入れていない週末。虫取り網を持って庭を走りまわる娘たちのかたわらでこれを書いている。iCalを覗いてみると、今月はNSLセ…

  1. Apple/Mac

    何もない。だから、書きやすい。Stone。
  2. キャンプ/アウトドア

    魚介の旨味たっぷり!キャンプで豪快パエリアの作り方。
  3. ライフハック

    カレンダー日記ってめっちゃ思い出よみがえるよな!
  4. キャンプ/アウトドア

    BBQでじゅわっと肉厚絶品ハラミ!焼肉通販『亀山社中』が美味しくてとっても便利だ…
  5. Apple/Mac

    【OS5.1】Siri日本語版の声は、昔ながらの「おばさんアンドロイド」!
PAGE TOP