コラム/エッセイ

  1. フィクションが足りないと、人生は色を失っていく。

    Ivy reads in bed / Richard Masoner / Cyclelicious「容疑者Xの献身」という映画をテレビで観た。僕はミステリ小…

  2. 立花さんの驚愕の更新ペースを見て、ブログの書き方について考えてみた。

    今日は久しぶりに予定を入れていない週末。虫取り網を持って庭を走りまわる娘たちのかたわらでこれを書いている。iCalを覗いてみると、今月はNSLセ…

  3. 「傷のついたステンレスを美しいと思う。」スティーブ・ジョブズ

    IMG_0081 / Collin Allen「僕は、擦り傷のついたステンレスを美しいと思うけどね。僕たちだって似たようなもんだろう? 僕は…

  4. ハナレグミと清志郎の化学反応に涙する。『サヨナラCOLOR』(動画)

    Mountains and stars / Tambako the Jaguar星空の下で聞きたい曲がある。十年以上も前、宮城県にある山奥の田舎町へ…

  5. ウォーク・ドント・ラン。走りつづけることはできないよね、歩くんだよ、今日も、明日も、明後日も。

    Walking Skater / Manny Valdes先日、三十八歳になる誕生日の前日に、立花岳志さんのこのエントリーを読んだ。▶人生を劇的に変え…

  6. 子どもたちの想像力を育むために、まずは僕がiPhoneを置こう。

    Lego Bricks / bdeshamダウンタウンの松本人志さんは子どもの頃、「想像力を育む」というキャッチコピーで売られていたレゴブロックを買ってもらえ…

  7. 14歳になった息子に贈った6つの言葉。

    Father and son playing and bonding on Bogey-Board on Morro Strand State Beach /…

  8. 無人島にひとつだけ〇〇〇を持っていくとしたら?

    Small Island Between Mustique and Canouan / Jason Pratt「無人島に一冊だけ本を持っていくとしたら?」と…

  9. もっと鈍感になりたい!繊細すぎて生きづらいあなたに『High Sensitive Person』のテ…

    smile / InfoMofo失礼を承知で告白すると、僕が勝間和代さんに抱いていたイメージは「おしゃべりで目立ちたがり屋のおばさん」だった。今は立…

  10. ジョブズがいなくなっていちばん変わったのは、Appleではなく僕らのほうだった。

    ITmediaWWDC 2013で最も目を惹いたのは、Mac Proの劇的な刷新とiOS7の大幅なデザイン変更だったが、iOS7のアイコンデザインやカラーリ…

  11. 僕が見かけた有名人と、僕を見かけた有名人。

    Interviewed by BBC on campaign to save Ally Pally TV studios / lynnefeathersto…

  12. 本田圭佑が持っていて、香川真司が持っていないもの。

    Riparbella, Tuscany / Niklas Hellerstedt「今日は圭佑が決めてくれるよ」ワールドカップアジア最終予選・オーストラ…

  13. 昼さがりの人間交差点

    Saobraćajni kolaps u Beogradu / Goran Necin仕事で千葉へ行ったときの話だ。成田市から下道で茅ヶ崎へ向かう途…

  14. 僕のバスケットボール・ダイアリーズ。

    Basket / BigTallGuy中学も高校もバスケ部だったけど、ずっと補欠だった。今思えば、バスケの才能や元来の運動神経が足りなかったのだろう…

  15. 僕が愛したオートバイと、彼を救ったオートバイ。

    YAMAHA SR 400僕が高校生の頃は、渋谷の街でSRを見かけない日はなかった。宇田川町の交差点あたりであの単気筒独特の排気音を聞くと、少年だった僕の胸…

  16. 「カバンが重くなるからお弁当いらない」と言ってしまったことを私は死ぬまで忘れないだろう。

    Mobile addict. / MIKI Yoshihito (´・ω・)母親というのは、誰よりも遅く寝て、誰よりも早く起きている不思議な生き物だと言う。…

  17. Appleが船長を失って海賊をやめたんなら、海軍Googleにすりよるべきだろう。

    Apple-achia, Amazon-ia, Fortress Facebook and Google Earth by David Parkins in…

  18. RyoAnnaの呪い。

    僕はしばしば、優れた文筆家の呪いにかかる。高校生の頃は筒井康隆や大槻ケンヂ、大学に入ってからは花村萬月を中心に、中島らもや村上春樹、村上龍や山田…

  19. やさしい時の流れだけが、くっきりと写りこむ定点写真。『Photo Booth』

    Brooklyn Street / Bob Jagendorf僕がいちばん好きな映画は、『SMOKE(スモーク)』というアメリカ映画だ。主人公はニューヨ…

  20. すこしのテレビは良薬だって言うから、僕はテレビを見ないのをやめた。

    TV / pixculture何年か前からあまりテレビを見なくなった。日常のすべての時間を夢や目標に向けた行動に使うと、自然とテレビを見る時間はなく…

  21. 僕は頭が悪いから、チャレンジしつづけるしかないんだとあらためて思う。

    つくづく僕は頭が悪いと思う。四十年近い人生で、それなりにいろいろとやってきたけれど、いまだに人に誇れる結果はついてきていない。そう思うと、いくら…

  22. 僕は誰にブログを届けたいのか?『壁が越えられないならば壊せばいい。 | Feelingplace』

    Berlin Wall / NatalieMaynor前にもどこかで書いたけど、僕は「はてなブックマーク(以下はてブ)」にあまりいい印象を持っていなかった(…

  23. 2013年も4分の1が過ぎたところで、心と体がガチガチになってきたので生活を見直してみた。

    sa-ku-ra night / saotin桜の開花が例年より2週間も早かったりして、せっかちな僕はすでに夏の到来にわくわくしていたのだけれど、考えてみれば…

  24. スポーツファン必買!『Number』の90年代特集号は永久保存するべき感動の一冊。

    僕らはなぜスポーツに熱狂するのだろう。いい大人が必死の形相でボールを追いかけまわす姿に心を震わせ、涙を流すのはなぜなのだろう。90年代のスポーツ…

  25. モノクロで切りとる、そんなに大切でもない日常の一瞬『Hueless』

    kids on move / Victor Bezrukov写真はモノクロからスタートした。カラーの技術が発明された後も、1970年代後半にウィリア…

  26. 「モノクロならいい写真が撮れるとでも思ったかい?」とあいつは言った。『Hueless』

    長く空虚な春休み / myasxfc教室の隅っこで現像されたばかりの写真を眺めていると、あいつが近づいてきて言った。「モノクロならいい写真が撮れると…

  27. 顔が似ている夫婦やカップルが多いステキな理由。

    Shawna & Brian! / Collin Harvey子どもの行事で小学校や保育園に行くと、顔が似ている夫婦がたくさんいて驚いてしまう。…

  28. 松木さんになるか、セルジオさんになるか?

    A Hug, A Shout, And a lot of Happy People / cameronparkins先日、サッカー日本代表のブラジルワールド…

  29. 日曜日の終わりに。

    十七日の土曜日はNSLセミナー11に参加する予定だったが、諸事情によって当日朝にキャンセル。ネットでささっとキャンセル処理できるのは便利だね。定…

  30. 【エッセイ】泣いたっていいんだぜベイビー。

    friends / mdpai75年をとると涙もろくなるというのは本当だ。僕らは年齢を重ねて人生経験を積むことで、他人の気持ちや苦しみを我が…

  1. Apple/Mac

    国内最速レビュー!iPhoneやiPadに接続できるフェンダーギターが届いたので…
  2. テレビ

    NHK『プロフェッショナル』に出演した風ムービーが作れる神アプリ!
  3. Apple/Mac

    動画版Instagramの登場だ!ミュージックビデオ風の映像をさらっとつくれる「…
  4. コラム/エッセイ

    僕に踏まれた街と僕が踏まれた街
  5. こころハック

    苦しまないで、お母さん。
PAGE TOP