TAG 中村文則

コラム/エッセイ

犯罪者と僕のあいだにどれだけの違いがあるというのか。__狂気のグラデーションを覗く『私の消滅』中村文則

中村文則の『私の消滅』という小説は、心の闇とは何か、を克明に描く。 その前にまずもって、中村の簡潔で的確な描写は読んでいてじつに心地よい。彼の文章に立ちこめる匂いや温度がまた僕の感覚にフィットする。ほどよくドライで、ほど…