ああ愛しのクラムシェルiBook。

R0008117

十八年越しの恋が実った。

若い頃、欲しくてたまらなかったクラムシェル型の初代iBookをヤフオクでゲットしたんだ。

今から二十年ほど前。Appleに復帰したばかりのジョブズが世界を熱狂させたトランスルーセントのiMacを、そのまんまラップトップにしてしまったポップなデザイン。iMac to go.

R0008179

▲ いまだかつてこんなおもちゃみたいなコンピュータがあっただろうか。否。かつてもこれからも。

R0008170 R0008115

▲ かつてはバッテリー取り外し可能だったAppleのラップトップ。

R0008111 R0008112

▲ バッテリーはもう死んでるので、アダプターに繋いで使う。

R0008176 R0008126

▲ インストールされたOSは10.1だった。OS Xの黎明期だね。

R0008122

▲ 汚れやすいけどこのトランスルーセントのキーが好きだったなあ。

R0008123

▲ この時代のMacを知ってる人は、デスクトップを見るだけでタイムスリップできるだろう。

R0008127

▲ iTunesのアイコンはこんなんだったんだぜ。

まだSafariがなくてInternet Explorerの時代。

R0008129

▲ iTunesもこんなんだった。CD取り込んだら、自分でアーティスト名や曲名を入力したっけ。

R0008185

▲ せっかくなのでザ・クロマニヨンズのニューアルバムを取り込んでみる。

R0008152

▲ 1999年発売のiBook G3(クラムシェル)と、若い頃愛用していた後継機のiBook G3(左上)、それから最新のMacBook 12インチ(右下)。

デザインはどんどんエレガントに洗練されてきたけど、ポップなあの頃も素敵だ。

R0008158 R0008155

▲ MacBook 12インチをこのiBookの中に入れられないかな?

筐体がクラムシェルで中身がMacBookなら最高なんだけど。誰かやってくれる人いないかしら。

R0008161

▲ iPad Proを入れるってのもおもしろいかもね。……と思ったら、これはやってる人いたわ。

R0008142

▲ わが家にある歴代のMacを集めてみた。他にお風呂用のMacBook Airと、ママ用のiMacもある。

R0008166

▲ この持ち手がカワイイんだよな。まさにキャッチコピーにあった「iMac to go」。

ひととおり遊んでみたけど、もちろんスペック的に仕事や作業に使うのは厳しい。

こいつはもう、家にあるだけで、目につくところに置いてあるだけで、それでいい。おっさんになった俺の心が、十八年前と同じくらい躍っちゃうんだから。

とくにやることもないので、iTunesに取り込んだCDを聴いてみる。小さなスピーカーから流れ出る、割れた音のクロマニヨンズが心地いい。あの頃だからハイロウズのほうがしっくりくるかもしれない。

R0008183

こうやってデスクに置きっぱなしになりそう。あとで激落ちくんで綺麗にしようっと。

今はもっと憧れてたあの黒いPower Book G3を探してるんだ。