グルメ

茅ヶ崎最高!絶品生しらすランチと海でまったり「開く」お話。

IMG 1926

過日、県外からお友だちが遊びに来てくれたんで、ランチ&海トークへ行ってきました。

いつも行列している茅ヶ崎の有名店「あさまる」さんに久しぶりに行ったんだけど、生シラスがうまー!すぎてビックリしましてねえ。

IMG 1919

▲ 山梨県からのお友だちだもんで、山の幸をドッサリいただいちゃった!ありがとう!

IMG 1935

▲ てことでうかがったのが、家から海の方へ数分歩いたところにある「茅ヶ崎 網元料理 あさまる」さん。

網元料理ってのは、漁船があるお店ですね。自分のとこの船で朝獲ってきたばかりの、新鮮きわまりないお魚がいただけるというわけです。

IMG 1920

▲ まずは平日の昼間っからカンパーイ!たまらんたまらん!

しらすとしらすとしらすが入った「しらす御膳」

IMG 1924

▲ お友だちが頼んだ「しらす御膳」¥1,505。

すんごいのこれ!見える?

  • 生しらす
  • 釜揚げしらす
  • しらすのかき揚げ
  • しらすの茶碗蒸し
  • しらすのお味噌汁

と、もう本当にしらすづくし!

IMG 1925

▲ 生しらすの量がハンパねー!すんごい透明感とプチプチ感!

こんな新鮮な生しらすは、こういう網元料理屋さんでしか食べられないと思っていいです。

その日の朝に採れたものじゃないと、見た目もぜんぜん変わっちゃいます。

以前働いていたトラットリアで扱っていたことがあったけど、一日でも経っちゃうと、もう身が濁って溶けてきて美味しくないんですよね。

スーパーとかに出ることもあるけど、やっぱり自分のとこの船で朝獲ってきたものをそのまま出せるから、鮮度だけじゃなくて量もスゴイ!めっちゃコスパ高いですよ!

海鮮盛りだくさんの「漁師丼」

IMG 1926

▲ 僕が頼んだのはいつもの「漁師丼」¥1,900。

マグロにハマチ、イクラに光り物など、いろんな鮮魚が丼の下の方までたっぷりつまったやつ!

小さなアラレが入ってるんですけど、これが絶妙でね、お魚と酢飯をつなげてくれるというか、独特のまったり感とカリカリ感が生まれて、すんげーうまいんですこれ!

IMG 1928

▲ そしてこちらもメインのトッピングは「生しらす」。いくらなんでもそんなに!ってくらいたくさんのっててうれしい!

IMG 1930

▲ お味噌汁までしらす!釜揚げしらすよりほわほわした食感が絶妙。

ちなみに「あさまる」さん、夏はだいたいいつも並んでます。行列覚悟か、平日の11時半前に行くとすんなり入れるかもしれません。

北海道の海鮮料理を楽しみにしてたけど、こんなに近所にこんなおいしいところがあるなんて、すっかり忘れてましたよ!

満腹至福になったら、海で「開く」お話

IMG 1942

絶品しらすで満腹になった後は、そのまま海まで歩いて、岩畳でのんびり日光浴をしながらまったりトーク。

いろんな話をしましたが、やっぱり海と太陽があると、どんどん勝手に心が「開いて」いきますね。

やさしい海風が心を撫でて、潮騒が安堵をくれます。

スタバやルノワールの喧噪の中では、こんな気持ちにはなれないでしょう。

方々からご連絡をいただいてますが、平日の午後に茅ヶ崎にいらっしゃってくれれば、いくらでもお話ししますよ。

▶連絡先:りゅう

関連記事

  1. こころハック

    夢や理想の生活を目指さない!今スグできることから「やっちゃう」のが近道。

    海を眺めてたら、なんか自然と「僕が生きたい理想の一日」のイメー…

  2. グルメ

    食べてるうちから健康になってく「極楽カリー」と上野の老舗豆大福を求めて初夏の鎌倉をゆく。

    鎌倉の歯医者さんに通ってるんで、終わったらいつも鎌倉さんぽ。 …

  3. グルメ

    茅ヶ崎「ダイニングルームはる」で、ガパオとキーマカレーと特製ラーメンに大喜びの巻。

    いつもお世話になってる近所のママさんがやってるお店に、家族で遊…

  4. グルメ

    こんがりふわふわ!白子のバターソテーの作り方

    イタリアンのコックやってました@RyuNagayamaです。…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 音楽

    何度でも泣ける。豪華アーティスト達がカバーする中島みゆき『糸』6選
  2. Apple/Mac

    家族を愛するあなたにAppleTVをオススメする5つの理由
  3. イベント

    Dpubという着地点から僕らはふたたびジャンプする。 #dpub7
  4. こころハック

    哀しいときは、人にやさしくなれるとき。
  5. 夢を叶える

    来る日も来る日も、剣を振ることなしには始まらない。
PAGE TOP