悩んだときの魔法の言葉「ソモソモサー」

人の悩みや人生相談にのっている「みんなのおじさん」の竜さんでも、悩んだり不安になったりすることはあります。

でもだいたいは、慌てず、焦らず、不安を認めて、無駄に足掻かないよう気をつけながら、肩の力を抜いていると、自然に解決していきます。

そんなときに、僕にはいくつかの作法、というかテクニックがあるんだけど、その一つが、悩んだときの魔法の言葉。

その魔法の言葉は……

「そもそもさー」

です。

これこそが、仏教の禅にも通ずる、あらゆる悩みや不安に効果を発揮する「魔法の言葉」なんです。

たとえば、あなたが仕事について悩んでいるとします。

「今やってる仕事はつまらないし、上司とはウマが合わないし、友人たちはみんな楽しそうに働いてるし、とにかくイヤだからやめたい! とはいえ、やめたところで何をしたらいいかわからないし、お金の不安もある」

「イヤな仕事をやめるか?」 or 「ガマンして仕事をつづけるか?」

という二元的思考に陥ってるわけです。

そんなときに、魔法の言葉を唱えてみる。

「そもそもさー、今やってる仕事って本当につまらないのかなー?」

「そもそもさー、あの上司って本当にイヤなやつなのかなー?」

「そもそもさー、楽しそうに働いてる友人たちって本当に楽しいのかなー?」

「そもそもさー、働かないとダメなのかなー?」

「そもそもさー、そんなにお金必要かなー?」

というふうに、「そもそもさー」を使うと、

さっきまで「やめるか」or「つづけるか」の2つしか選択肢がなかったのに、考えの幅がぐーんと広がるんです。

DSC05699

というか、それこそ「そもそも」、

僕らの人生の選択肢は「無限」で、人生にはたくさんの道が伸びているのに、多くの人は「〇〇or〇〇」という二つだけしか見ないから、苦しくなってしまう。

仏教の「禅」というのは、そういう二元的思考から解き放たれて、楽ちんになりましょう、ということを教えてくれてるわけです。

そしてじつは、カウンセリングや僕の人生相談などでやっていることって、「二つの選択肢で苦しんでいる人に、たくさんの選択肢を見せてあげること」なんです。

今あなたが悩んでいること、迷っていること、モヤモヤしていることが何であれ、「そもそもさー」を唱えてみると、変化が起こるはず。

そもそも、あなたのその悩み、本当に悩みなんですか?

ってことだったりして。

あの世界的有名作家、スティーブン・キングもこう言っています。

「ウンコ投げ競争の優勝者は、手が一番汚れていない者だ」

禅問答に近いキングのクールなこの言葉、意味がわかりますか?

もちろん、ヒントは「そもそもさー」です。

▶ 竜さんとお話ししてみる?