書斎でしか使えないiMac買ったら、MacBook Airをガシガシ使い始めた男の話。

DSC05256

この前、最新の「iMac 27インチ 5K Retinaディスプレイ」ってのを買ったの。30万円ちょっと。

まずひとこと言わせて。

「いいでしょー!エヘヘヘヘへー!」

はい、ごめんなさい(笑)。

そんでね、書斎に27インチのドデカいパソコンが入るってんで、デスクまわりとか全部あらためて「片づけ」て、書斎がますますスッキリ気持ちよくなったの。

IMG 0860

言うまでもなく新しいiMacは最高でさ、

  • 5K Retinaディスプレイがキレイすぎて、Macで何をやっても楽しいし、
  • メモリも16GBにしたから、アプリを使いたい放題に開いておけるし、
  • 新しいマジックキーボードがホント使いやすくて喋るようにタイプできるようになったし(これマジ!)、
  • スピーカーから流れる音楽もそれなりに良いから、以前より音楽をバンバン楽しむようになったし、
  • 5Kディスプレイのおかげで、写真がとにかくキレイなもんだから、もらったミラーレスでバンバン写真を撮るようになったし、

もー毎日とにかく快適すぎてゴキゲンすぎて屁が出ちゃうんだわーごめんねー!

で・も・ね……

たしかに最新のiMacはヤバイくらいに使いやすくて、作業以外の部分(写真とか音楽とか映画鑑賞とか)も幸せにしてくれるスーパーマシンなんだけど、

じつは、僕が一番うれしいのは、

それまでメインマシンとして使っていたMacBook Airなのよ!!!

つまりね、書斎に3TBのスーパーマシンがやってきて、そいつがデータをすべて守ってくれて、家族のiPhoneやiPad、Apple TVの母艦になってくれるようになったから、MacBook Airをどこにでも持ち運べるようになったのさ。

チキンと言われるかもしれないけど、MacBook Airをメインで使っていたときは、ビビってあんまり外とか持ち運べなかったの。

バイクでこけてぶっ壊しちゃったらどうしよう?とか

酔っぱらってどっかに忘れちゃったらどうしよう?とか

今はクラウドがあるしHDDにもバックアップしてるから、紛失してもデータとかどうにでもなるんだけど、いらぬ心配が拭えなくて、せっかくの軽量ラップトップパソコンなのに、イマイチそのポテンシャルを発揮させてあげられなかったのね。

でも今は、書斎に超快適なスーパーマシンがメインとして鎮座していると思えるから、

東京に遊びに出かけるときも、

バイクでどっか行くときも、

映画を見にいくときも、

海辺をおさんぽするときも、

いーっつも持っていくようになったの。

いくらiPhoneが便利だからと言ってもね、MacBook Airのが数百倍使えますよ言うまでもなく!

だからもう、気づいたらどこででもブログが書けるし、思い出したように作業ができるし、もう快適すぎて屁どころかうんこ出ちゃいそうなんだわ!

書斎でしか使えないデスクトップマシンを買ったのに、結果的に、どこでも使えるMacBook Airがついてきたーーー!

みたいな感じになったのよ。

DSC05259

なんかこれ、同じようなことを最近感じたなーって思ったら、皆さんの「人生相談」で、似たようなことがあるんだよね。

つまりね、仕事やお金のことで悩んでいる男性が、それ悩むのやめて、奥さんを幸せにすることを考えたら、仕事やお金の悩みが解決したとか、

夫婦や子どものことなんかで悩んでいる女性が、家庭のこと忘れて、旦那さんの幸せを考えるようになったら、家庭の問題が解決しちゃったとか、

そういうパターンが多いんだよね。

子どもの不登校とか摂食障害とかに悩んでる人が、じつは自分に問題を抱えていたとか。

問題とか悩みって、表面に出ている結果と、原因になってる場所は違うのかもね。

あれ?話が変わっちゃったけど、まあ、なんかそういうことです(笑)。

▶ 竜さんとお話ししてみる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です