コラム/エッセイ

iBookと声をあげてしまう店。2017/11/03

ヤフオクで買ったiBookが届いた。十八年越しの恋が実った。

R0008070

夜勤明けのママとラーメン。俺はネギバカ。ママは辛いものバカ。

R0008094

R0008082

夜勤明けの徹夜ハイで俺のちょっとした話に爆笑する人。笑いすぎるといつも腰が砕ける。

R0008099

かりんさまはパパの匂いが好き。

R0008109

家にあるMacを並べてみたり。

R0008136

近所のごはん屋さん。茅ヶ崎の有名店。

R0008189

R0008200

鉄板のブリしゃぶ。何度食べてもおいしい。

R0008203

さっと湯通しされたブリにはちょうどよく脂がのっててね。

R0008204

薬味をたっぷり巻いてかぶりつくんだ。ぽん酢のやさしい味に包まれる。

R0008206

思わず声をあげてしまうほどおいしかったつみれ汁。クリアでさっぱりとしながら濃厚な出汁の澄まし汁に、ほろほろと崩れそうなほどやわらかなつみれ。魚を食っている、という実感。

R0008211

なぜさんまを焼いただけなのにこうまで違うんだろう。身が締まっているからか、はらわたがぜんぶ残っているからなのか。俺も食べたかったのに、ママがぺろりと平らげた。

R0008208

マグロほほのステーキ。高級なお肉みたいだけど、こんなにやわらかいお肉はないわけで。絶品。

R0008210

ふぐの唐揚げ。涙でる。

R0008217

牡蠣フライのしあわせ。

R0008212

おいしいごはん屋さんっていろいろある。

わりとうまい店、定期的に行きたくなる店、感動するほどじゃないけどおいしい店。ぜひ人にすすめたくなる店。

ここは間違いなく、それら以上の「何度食べても感動しちゃう店」。

とくにこの最後に食べた「地のりと青とうがらしのかけ飯」は涙が出るほどうまかった。海の香りに酔いしれる。

お魚がメインの店なので、つい豪華な海鮮丼なんかを頼みたくなっちゃうところだが、この、白い飯に海苔と青とうがらしの漬け物がのっただけの丼が、至福の味なのである。

他にも、煮付けや刺身、焼き貝など、名物料理はたくさんあれど、もしかしたら、この海苔めしにつみれ汁のコンビネーションがもっともしあわせかもしれないな。

そしてなにより、こんな至福のお店が、家から歩いて三分でいけちゃうというしあわせ。ああ、しあわせ。ああ、腹へった。

なんでもないような日。今日も明日も明後日も。

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    バレンタインはレディーファーストのお返しを。

    僕の家内はよくできた女です。料理が上手で、ひかえめで、…

  2. コラム/エッセイ

    無味無臭の記事より、ちょっと匂うくらいのうんこのほうがいい。[ 日刊CL*88 ] 2014/04/…

    ブログに書いて「アウトプット」したらそれでいいの? | 明日やります…

  3. こころハック

    夫婦や恋人たちが知っておくべき、共感と恋愛の違い

    『Dr.倫太郎』という精神科医のドラマを見ていたら、共感と恋愛…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ビジネス/成功

    あなたの望みを叶えると、空からお金がふってくる。
  2. ライフハック

    <2017>毎日を「ハレとケとケガレ」に分類して心地よく生きていく
  3. コラム/エッセイ

    休日の冬の公園で、モリー先生の言葉に思いを馳せる。[ 日刊CL*68 ] 201…
  4. フィットネス / 健康

    【ダイエット】1日2リットルの水を飲んで元気百倍になるぜー☆
  5. オートバイ/車

    着けたままスマホが操作できるスタイリッシュなメッシュグローブ
PAGE TOP