茅ヶ崎に風が吹いてた。

Category: コラム/エッセイ

コロナ危機に、自分自身をアップデートするとき。

茅ヶ崎では、有志の方たちを中心に、コロナ…

こんなときの連絡。__Love actually is all around.

ここのところ連日、いろんな人からLINE…

東京生まれ、志村けん育ち。

間違いなく、僕の人生に現れた最初のスター…

僕らとコロナの真ん中

グザヴィエ・ドランの『ジョン・F・ドノヴ…

青山通り、カフェの代わりに湯を浴びる。

さる午後。表参道で用事を済ませ、午後三時…

新福菜館の黒い中華そばと黒いヤキメシと惜春〈京へ西へ。その十七〉

前回☞ 竹林と渡月橋に忘れ物ひ…

胸を押し潰してたゾウの足が消えるまで。

Amazonプライムでやってる『モダン・…

心の日曜日が、ボクらを明日の岸辺へ連れていく。

今日は心の日曜日。 何もしない日。流れる…

茅ヶ崎の海。東京の街。力をくれる場所。

海の街に越してきてから、もう十五年くらい…

死んでるモノたちに息を吹き込む日曜日

快晴の日曜日。朝から、玄関のクローゼット…

お茶の水の夜の塩出汁肉豆腐。

一人で水道橋のホテルに泊まった夜。 あま…

ブリブリ循環していくエネルギー。

息抜きにブログでも書いてみよう。 そうい…

竹林と渡月橋に忘れ物ひとつ〈京へ西へ。その十六〉

前回☞ 金ピカ極楽浄土で不埒な…

金ピカ極楽浄土で不埒な妄想を〈京へ西へ。その十五〉

前回☞ 見よう、わかろうと、すればするほ…

見よう、わかろうと、すればするほど遠ざかる枯山水。龍安寺〈京へ西へ。その十四〉

前回☞ ずっと睨んでくるドラゴンと、水琴…

ずっと睨んでくるドラゴンと、水琴窟に広がる宇宙〈京へ西へ。その十三〉

前回☞ やさしいやさしい甘み。食べ物がう…

祇園の夜の灯り。人工の風景。木屋町の町中華〈京へ西へ。その十一〉

前回☞ 泉涌寺通りの昼まで寝太郎〈京へ西…

泉涌寺通りの昼まで寝太郎〈京へ西へ。その十〉

前回☞ 四角く切り取るか、ただ在る、を見…

四角く切り取るか、ただ在る、を見るか。迷いの窓と悟りの窓〈京へ西へ。その九〉

前回☞ 東福寺の紅葉とシフォンケーキと後…

東福寺の紅葉とシフォンケーキと後ろの景色〈京へ西へ。その八〉

前回☞ 映え(バエ)る猫と伏見稲荷と36…

映え(バエ)る猫と伏見稲荷と360度。〈京へ西へ。その七〉

前回☞ そうか、伏見稲荷に行きたかったの…

そうか、伏見稲荷に行きたかったのかオレは。〈京へ西へ。その六〉

前回☞ 深紅の清水寺。この人生に何を願う…

キューブリックの亡霊を心の棺桶に。〜ドクター・スリープ

オレ、一番好きな映画が『シャイニング』な…

アナ雪2とおっさんとパンクロック。

娘たちとアナ雪2、見てきたよ。

深紅の清水寺。この人生に何を願うのか。〈京へ西へ。その五〉

前回☞ 京都びんびん物語〈京へ西へ。その…

京都びんびん物語〈京へ西へ。その四〉

前回☞ 日本で一番、世界で一番うまい朝飯…

ふと。流るるごとく、答えのない旅へ。〈京へ西へ。その一〉

そう、京都。京都よ、平安京。 ある日ね、…

ブログはラジオ。〜人は一つの穴だけゆるめられない?

ブログって、ラジオだなあ、って最近思って…

飽きっぽいは、スンバラシイ才能よ。

なんか、勘違いしてる人が多いみたいだけど…

歌が下手な歌うたい。〜オザケンが漂う宇宙について。

この前、オザケンがミュージック・ステーシ…

一所に、懸命に。

一生懸命って、なんかこう、大変そうじゃな…

な、睡眠が一番大事だって言ったろ?

「睡眠が一番大事だって言ったろ?」 って…

両耳の潰れた猫と広尾の銭湯。

午後、茅ヶ崎を出て、恵比寿で降りた。 駅…

季節の変わり目は、生きてるだけで疲れるっていうんだから。

季節の変わり目って、体調崩すっていうけど…

映画とジャズとルールに縛られないこと。〜和田誠さん

和田誠さん、親父がよく通勤途中ですれ違っ…

陰にパッカーン。陽にパッカーン。〜映画『ジョーカー』〜

そりゃ悪趣味な映画ですよ。 不幸に不幸を…

記憶にございません!って言っちゃえば

牧歌的な海の街に住んでいるからか、たまに…

台風の海にパワーもらう。メシ食っても。オートバイ乗っても。

台風の海を見ると、パワーをもらうんだよね…

アラフォー少年の永遠の夢を叶えるタミヤホーネットコンプリートモデル。

幼い頃、親戚の家に住んでいた。 古い造り…

娘と東京デート。たいめいけんでオムライス食べて、金魚見て涼をとって、伊東屋でガラスペン買って。

ふだんあまりモノを欲しがらない娘が、ガラ…

残暑に涼し、伊豆の踊子。

『マイ・インターン』という映画が好きです…

城下町のジャズバー

先日、友人とジャズバーへ行く機会があった…

気持ちいいから走る。ちゃんと身体がうごきだす。

走るのが、ずっと嫌いだった。 学生の頃か…

夏なのに高すぎる青空にはいわし雲が浮いて、海鳥が羽ばたくでもなく風に舞っているんだぜ。

最近知った大人の贅沢は、ケータイ不携帯。…

長雨の夜長に俺は無限だなあとカッコイイを知り梅雨明けなさいよと。

梅雨長っっっっっ! って、昨年が異様に短…

ウッディの内なる声。

ちょうど、映画館のポップコーンの列に並び…

シリアルキラーの中に見るものは。

銀座でシリアルキラー展というのをやってる…

二十二年後のタイタニック。

今から二十二年前に『タイタニック』という…

新橋の岡山中華そば

都内に出るときは、とりあえず新橋で降りる…

どんなカードが配られても。

ひさーしぶりに映画『タイタニック』を見て…

茅ヶ崎から丹沢の麓のラーメン屋へ。オートバイに乗る理由。

この64号線をそのままいくと、宮ヶ瀬湖ですからね、めちゃくちゃ大自然の中ですよ。ヤビツ峠から宮ヶ瀬をぐるっと回ってZUND-BARってのが、ルート的にはいいんだけどね。

天城越えの憂鬱。

五月のある平日。茅ヶ崎からオートバイでひ…

下田の街。石畳に香るジャスミンに誘われて。

五月のある平日。茅ヶ崎からオートバイでひ…

ザーヒーガテーイー。

前にね、知り合いのおばちゃんとお茶してて…

茅ヶ崎の鮨と無色のカメラ。

家人の忙しいスケジュールの合間を縫って、二人で街へくりだした。

江ノ島にゃんこ救命病棟24時。

飼い猫のかりんがぐったりしていたので、夜間救急動物病院へ向かった。

がりがりがりがり。

お互いさまだ。僕は勝手にする。みんな勝手にすればいい。がりがりがりがり、がりがりがり。

ワークブーツの手入れをする。手を動かす。妄想を追いやる。

やたらと気の重い日がある。低気圧のせいなのか、バイオリズムか。そういう日は、物事を複雑に考えてしまう前に、ありもしない想像をたくましくする前に、早めに手を打つことにする。

朝のニュースとステフィン・カリー

今日は朝から雨が降っていて、登山が中止に…

築地の路地のお寿司屋さん。

市場は豊洲に移転したものの、場外の商店街…

何者でもない、アクアマン。

カール・ドロゴが海底人になったっていうん…

それは人類ではなくボクの一歩。__ファースト・マン

ハンマーで脳髄をぶん殴られるような衝撃だ…

デザートは大トロで。

三浦へイチゴ狩りに出かけたついでに、三崎…

イチゴを食べつづける女。

家人の誕生日に、どこへ行きたい?と訊くと…

ちいさこべえ〜〜〜

『ちいさこべえ』を読むといつも、暮らし方がシンプルになる。

それにしても、ちょうどいいペン。

これは自分にちょうどいいなあ、と感じるモ…

柏布団に眠る。

柏布団、というのを、はじめて知った。 禅…

鉄工房のiPhone。

雑誌で見かけて一目惚れしたiPhoneケ…

永久に繋がるペン。

クロスのボールペンを修理に出した。 中学…

新橋のチャーシューメン。

銀座あたりに用事があるときは、新橋で降り…

© 2020 茅ヶ崎に風が吹いてた。. Theme by Anders Norén.