ファミリー

「サンタってパパなんでしょ」と言われる前に、『チャリティーサンタ』で本物のサンタクロースを家に呼ぼう。

DropShadow ~ santa1

数年前のある冬の朝、長男が唐突に「サンタクロースってパパなんでしょ?」と言った。

子どもたちの成長は嬉しいものだけれど、親としては彼が現実を知ってしまったことに寂しさも覚えてしまう。子どもたちが大人になる前に、もっと素敵な夢を見させてあげたかった。そんな願いを叶えてくれるのが『チャリティーサンタ』という社会貢献活動だ。

『チャリティーサンタ』は、一家族2000円を支払うだけで、クリスマス・イブにサンタクロースがあなたの家までプレゼントを届けてくれるという夢のようなサービスだ。

用意しておいたプレゼントを手渡してくれるだけでなく、サンタさんから子どもたちに手紙が届いたり、子どもたちがいつも頑張っていることなどを事前に伝えておけば、サンタさんがそれを伝えて褒めてくれるという。子どもたちが瞳を輝かせる光景を想像するだけで、僕なんかはうるうるしてしまう。

しかもこの活動はボランティアによるもので、収益の一部は世界中の子どもたちの支援に使われる。今年は東北地方とネパールの子どもたちのために役立てられるという。

DropShadow ~ santa2

夢とプレゼントをもらう子どもたちが喜び、子どもたちの笑顔という最高のプレゼントをもらう親が喜び、愛を伝えるという最上の仕事をするボランティアの皆さんにも、世界中の子どもたちにも喜びがもたらされるというこの活動こそは、まさに現代の聖誕祭にふさわしいギフトではないだろうか。

『チャリティーサンタ』ではボランティアの募集もしているので、あなただって子どもたちの夢を叶えるためにサンタクロースになることができる。2013年度の申し込みの締切は12月15日前後となっているので、夢を与えたい人は今すぐ公式サイトをチェックしてほしい。

子どもの頃、サンタクロースはクリスマス・イブに「やってくる」ものだった。けれど大人になるとそれは「自分がなる」ものなのだ。

あとしばらくすれば、幼い長女と次女も「サンタクロースってパパなんでしょ」と言ってくるかもしれない。そのときに笑顔で「そうだよ」と言って抱きしめてあげられるように、今のうちからたくさんの夢と愛情を与えてあげたい。

▶ サンタクロースならチャリティーサンタ

※ちなみにこの活動は、子どもたちに知られないようにインターネットのみで広報されているようです。FacebookやTwitterなどで拡散してあげると喜ばれるでしょう。

関連記事

  1. ファミリー

    鴨川シーワールドのトロピカルアイランドは夏を先取って癒やされるぜ!

    千葉県の鴨川シーワールドがすんごい楽しかったお話のつづき。…

  2. Apple/Mac

    新しいApple TVは、家族のための大きなiPadになるかもしれない。

    先日行われたAppleの新製品発表イベントで、僕が最も心を躍らせた…

  3. こころハック

    成績が20%悪くて「幸せな人生」と、成績が30%良くて「苦しい人生」。

    こんなニュースを見かけました。ざっくり説明する…

  4. ファミリー

    ギターを始めたい人は何より「大好きな曲」見つけようぜー!

    ママちゃんが仕事先の施設の行事でギター演奏を披露することになっ…

  5. コラム/エッセイ

    うちの家族はみんなバラバラだから、みんな幸せ!

     今、わが家は過去最高に幸せだと言ってイイでしょう。高校生…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. こころハック

    ビビったときに思い出す3つの言葉
  2. コラム/エッセイ

    看板(ビルボード)の裏を見る。
  3. コラム/エッセイ

    世の中には弦楽四重奏曲をつくる人間もいれば、ブログをつくる人間もいる。[ 日刊C…
  4. 日刊・週刊

    日曜日の夕暮れに、秋のツーリングと図書館と音楽を想う。(2013/10/06)
  5. こころハック

    昼さがりの人間交差点
PAGE TOP