WorkFlowyをオフラインで使う方法

スクリーンショット 2016 06 02 8 15 09

脳内に渦巻いている思考を吐き出して言語化するのに、WorkFlowyってアウトライナーを毎日使いたおしてるんだけど、これブラウザで使うWebツールだからネット環境が必要なのね。

でも僕ビーチとかアウトドアとかネット環境のないところで心を落ち着けて脳内を整理したり文章を書いたりしたいから、オフラインで使いたかったのよ。

ということでWFはMacアプリがないのが難点だったんだけど、Chromeに機能拡張エクステンションをぶっこめばオフラインで使えるって教えてもらったのよー!

Chrome機能拡張でMacアプリのように使える

スクリーンショット 2016 06 02 9 44 42

「Chrome WorkFlowy」で検索すれば機能拡張が出てくるから、あとは指示通りインストールすると、ChromeアプリのランチャーがDockに出てきて、そこから使えるようになる。

スクリーンショット 2016 06 02 8 14 32

これはつまりChromeを使ってるんだけど、あたかも単独のアプリのようなUIで使えるってわけ。だからオフラインでも書いたり整理したりの作業はできるわけ。同期されてないからもちろん後でオンラインで保存するんだけど、これで充分です。

気になったのが、僕Safari派だし他のChromeツールいらないし邪魔だなーって思ってたら、このChromeランチャーって消すことできるんですよ!

スクリーンショット 2016 06 02 8 15 09

WorkFlowlyのアイコンをDockの好きな場所に移動するとそこに固定されるのね。そしたらそのままChromeのほうのアイコンをDockから削除してもWFは残るので、ああスッキリ!気持ちええ!

これでもう本当に、いつでもどこでもMacBookさえあればゆっくり脳内整理と執筆ができるようになっちゃったやないのー!

家とかカフェとかWi-Fiが飛んでるところでもあえてネットを遮断して集中したりもしてるよ。