もうパソコンにメインマシンもサブマシンもないわ。

IMG 7319

外出用のサブマシンとして買ったMacBookだけど、今は書斎でメインのiMacと併用してるの。

今までは書斎とか外出先とかMacを使う「場所」でマシンを使い分けてたけど、今は「何をするか」で使い分けるようになった。そうすっとやることがとってもクリアになって、効率も上がったのよね。

基本的に生活と遊びを担当するiMac

スペックバリバリの27インチiMacは

  • 音楽
  • 映画
  • 写真
  • ホームビデオ
  • ネットサーフィン
  • メール
  • 読書

みたいな、いわゆる遊びとデジタルライフを担当。

IllustratorやPhotoshopを使うこともあるけど、あくまでも遊びの範疇。iMacに向かうときはゆるゆるの遊び気分。

高機能なワープロのMacBook

対してスペックそこそこの12インチMacBookは集中モード。

  • WorkFlowyで脳内の整理
  • 文章を書く

の2つに特化したマシンにしてる。

なんでそんなことするかっていうと、まあとにかく気持ちいいんだわ。

iMacってディスプレイでかいし高性能すぎて何でもできちゃうから、僕みたいな落ち着きのないやつは逆に仕事とか集中できないんす(笑)。

なんか集中して文章を書いていても、ふと流れが滞ったときに、考える間もなくするっと画面を移動してネットとか見ちゃうんだけど、MacBookならそれがないので気持ちいい。

「自由は不自由」というやつで、ある程度の制限がある方が人間は自由に動けたりしますね。

使い分けて併用すると超楽しい!

あとKindle読んだり、動画見て勉強したり、映画見ながらテキスト書くときとかは併用するとマジ便利よ!

ていうかさ、もうこんだけデジタルが生活に浸透してると「パソコンが一台っていうこれまでの常識もないんだなー」って気がするよ。

iMacで映画とか音楽とか流して、仕事はMacBookでしますよーっていうシンプルな形だってことです。

以前は外付けディスプレイを使ってたこともあるけど、ディスプレイが複数あってもマシンはひとつなわけで、あれはまた話が違う。

生活の母艦であるiMac、集中や外での作業にMacBook、お風呂用のMacBook Air、ソファでリラックスのiPadAir2と、どこにいても快適なデジタルライフを満喫できるようになって楽しいですね〜金がぶっ飛んできますね〜(*´艸`*)

「好きなことだけして生きていく」ための月刊マガジンはこちら。https://note.mu/ryunagayama/m/m2ea6b7ce93f9