防水・防塵のタフなデジカメ『ニコン COOLPIX AW120』の開封の儀と各部の説明と特徴まとめ。

IMG 0042

防水18m・耐衝撃2mのタフなコンパクト・デジカメ「ニコン COOLPIX AW120」を購入しました。

開封の儀と各部の説明をお届けします。

 ニコン COOLPIX AW120 クールブラック

DSCN0462

▲ビックカメラ藤沢店で購入。オレンジ色は売り切れで、迷彩柄と迷ったけど、やっぱりブラックがイイ感じ。

IMG 0042

▲他メーカーのいろんな防水タフカメラと迷ったんだけど、このシンプルでスタイリッシュなお顔も選択理由の1つになりました。

IMG 0045

▲3型モニターと各種操作ボタン類。シンプルにまとまってます。

IMG 0056

▲iPhone5よりちょっと小さいくらい。

IMG 0058 IMG 0047

▲右がシャッターボタンで、その隣が電源ボタン。シャッターボタンが大きいので、オートバイのグローブをつけていても押しやすいです。COOLPIX AW120の隣の衛星のマークは、GPS機能搭載でっせという意味。

IMG 0051

▲底面には三脚の穴。

IMG 0052

▲側部にはスピーカーの穴とボタンが2つ。左の「地図ボタン」を押すと、現在地や撮影地がモニターの地図に表示され、右の「アクションボタン」を押すと、カメラ本体を振ることで様々な操作が行える。

IMG 0049

▲こっちはバッテリやSDカード、USBなどへのアクセスのカバー。防水仕様なので、宇宙船のハッチのように堅牢なつくりになってます。

IMG 0078

▲真ん中のボタンを押してダイヤルを回すとハッチが開きます。

IMG 0079

▲黄色い部分がラバー製の防水パッキンで、水や塵の侵入を防いでくれます。ここに隙間ができると密閉されないので、ハッチを開閉した後は、この部分を付属のブラシで念入りに掃除しましょう。

IMG 0081

▲バッテリ

IMG 0082

▲別売りのSDカード。

IMG 0085

▲左の端子が、充電やPCとの接続時に使う「Micro-USB端子」。右上の小さいのは、テレビと接続するための「HDMIマイクロ端子(Type D)」。

Wi-FiでiPhoneやAndroidと接続できる。

専用のアプリを入れれば、iPhoneやAndroidなどのデバイスとWi-Fiで接続して、いろいろ便利な使い方ができちゃいます。

撮影した写真をiPhoneに送ったり、iPhoneをリモコンにしてシャッターを切ることもできます。ちゃんとiPhoneに撮影時の画像が表示されるので、セルフィ(自撮り)にとっても便利。

Wireless Mobile Utility
Nikon Corporation
価格: 0円
iTunesで見る
posted with sticky on 2014.8.13

 

オートバイ野宿旅や海など、アウトドアで大活躍してます。

なんといってもこのカメラの特徴は、「防水18 m+耐衝撃2 m+耐寒-10℃+防じん性能」というタフボディ。キャンプや海で、ガンガン手荒に使えちゃうのが最大の魅力です。

僕は基本的にiPhone 5sのカメラとキャノンの古いデジイチをメインに使っていたんだけど、携帯性と画質のバランスに加えてタフネスの便利さもあって、今はもっぱらこいつを使ってます。

別売りのシリコンカバーがあれば、どこでも最強のタフカメラですよ。

こちらの記事もいかがですか

自分や家族の写真がバシバシ撮れる!『スマホ自分撮りスティック』はやたらと使えるやつだった! | CLOCK LIFE*