iPhone最強防水ケースは最強じゃなかった!二度にわたる浸水と水没の哀しいストーリー。

IMG 9806

怒っているわけではありません。とても残念なんです。

サーフィンやキャンプなど、アウトドアが大好きな僕としては、ついに見つけた防水・防塵・耐衝撃の最強ケースだと思って購入したOtterBox Armor for iPhone 5だったのですが、二度までも浸水、挙げ句の果てには完全水没で2万円も払ってiPhone有償交換という、最悪の事態になってしまったので、その哀しいストーリーをお話しします。

海も山もへっちゃら!完全防水&2t耐荷重の超タフなiPhone5ケース『OtterBox Armor 』 | CLOCK LIFE

二度までも浸水するが、iPhoneは無事。

1058742 517274644992720 1546003152 n

購入したのは今年(2013年)の4月。僕の記憶が確かならば、初めてこのケースを装着して海で使ったのは6月。写真の海キャンプのときにも活躍しました。ところが後日、週末にビーチで家族と遊んでいたところ、海で子どもたちを撮影していたら、ディスプレイ部分に水が入っちゃってるじゃないの!慌ててiPhoneを取り出すと、濡れていたのはディスプレイ部分のみで、側部の端子部分はきっちりガードされていたので内部には浸水しておらず、事なきを得ました。

7月になって、波乗りをしながら撮影しようと海へ入ると、入って数分も経たないうちにまたしてもディスプレイ部分に浸水。このときもiPhoneは無事だったのだけれど、さすがに二度までも浸水となると放ってはおけない。

新品と交換して一安心。ところが!

IMG 0123

すぐに販売会社にメール。保証書を捨ててしまっていたのでダメかな、とも思っていたんだけど、購入時期と不具合を考慮していただいて、無償交換という心あるご対応。浸水した個体を郵送すると、すぐに新しい製品が到着しました。

ほっと胸をなで下ろし、いちおうマニュアルにもある通り、iPhoneを入れない状態で三十分間水に沈めて防水チェックをしてから、週末にはまた海へ。何の疑いもなく子どもたちを撮影しようとふたたび海に入ると、またしても数分で浸水を発見。慌ててチェックすると電源が入らない!ギャー!完全に水没、そして沈黙。

iPhone5有償交換¥20,801円なり!

IMG 0332

携帯電話がなければ仕事にも支障をきたすし、今や生活のあらゆる部分でiPhoneに頼っているのだから、なにはともあれiPhoneの復旧をしなければ!AppleCare+に入っていない僕は右往左往することになったのだが、ともあれまずはSoftBankで代替機を借りることができて一安心。その間にAppleサポートに連絡して郵送にて交換完了。2万円の痛い出費を経て、十日くらいで復旧できた。その辺の詳細は以下のエントリに書いた。
近くにAppleストアがなくてAppleCare+にも入っていない僕がiPhone5を水没させたときにやったこと。 | CLOCK LIFE

3個目の個体と交換してくれるも、もうこれを海で使う気にはなれないよ。

IMG 0373

製品の注意書きやホームページにもある通り、「本製品を装着した状態でiPhoneが壊れても責任は負いませんよ」ということなので、iPhoneの補償については諦めたのだが(もちろん納得はいかないけれど)、ふたたび販売会社に経過説明のメールを送付。

れいによって迅速かつ丁寧なご対応で、iPhoneを入れた状態でしっかり防水チェックをした製品を送付してくれるとの返答で、とても厳重な梱包で送られてきた。可能であればその個体でふたたび試用してみて、状況が改善されていたら古いほうの個体を送付してほしい、というようなことが書かれていたけど、さすがにもうこの製品を信頼することはできず、iPhoneを水に沈めるリスクは冒せないので、古い個体を返送した。

原因は何だったのだろうか?

IMG 9824

僕がまず疑ったのは、灼熱のビーチに長いあいだ放置しておいたために、太陽熱で部品の一部または全体が変形してしまったのではないかということ。僕が推測した原因は以下の4つ。

  • 熱によって製品が変形してしまったのではないか?
  • 首にかけられる他社製品のストラップが干渉してスキマができてしまったのではないか?
  • 何度も使ううちに細かい砂などがスキマに入ってしまったのではないか?
  • 不良品がつづいたのか?

海で紛失しないために、首にかけられるタイプのストラップを使っていたので、それが原因かとも考えたのだが、製品ホームページにてストラップやフローターの使用を薦めているので、これは違うような気がする。

ビーチでは砂がかかることもあったのだけれど、二度目の個体はほとんど新品の状態で海に入れたのでこれも考えにくい。

あるいは運悪く不良品が二個連続でつづいただけなのかもしれない。

やっぱり熱による変形が怪しいのだが、僕個人の推測で原因を突きとめるのは難しいので、販売会社に原因の究明をお願いしているのだけれど、いずれにせよもうこの製品を信頼して海やプールで使うことができないと思うと、本当に残念だ。

もっともらしい原因が究明されたところで、この製品のウリであるはずの「完全防水で耐荷重2tで超タフだから、いつでもどこでもガサツに取り扱っても平気なところが超クール!」っていうところは、もう完全にダメダメなんですよねえ。

とりあえず今は、防塵・耐衝撃ケースとして使わせてもらってます。どうにかならないのかなあ。

▼ ちょっとダサいけどこっちのほうが安くてよかったかも?

夏に大活躍!iPhoneの防水ケース「LAVOD Waterproof Bag 5m防水ポーチ LMB-007S」がイカス天国! | CLOCK LIFE