ガジェット/家電

自分や家族の写真がバシバシ撮れる!『スマホ自分撮りスティック』はやたらと使えるやつだった!

IMG 9857

数万枚にも及ぶiPhotoライブラリやFacebookの写真アルバムを眺めていていつも思うのは、自分の写真があまりにも少ないということ。

家族や子ども、友人たち、海や食べものの写真は盛りだくさんなのに、家族写真の中に肝心の自分が写っていないのは、けっこう寂しい。

ということで、サンコーレアモノショップで売られていた『スマホ用自分撮りスティック』という、ちょっと怪しいアイテムをゲットしてみたんだけど、予想以上に使えるクールなやつだったのでご紹介します!

1082611 528471363873048 1719125141 o

まず見てほしいのがこの写真。我が家の夏の日曜日の夕方の恒例行事「子どもたちとスケボーで近所のスーパーへ行ってアイスを買って食べている」風景ですが、一見ママが撮影しているように見えるこの写真も、じつはこの『自分撮りスティック』で撮ったものなんです。

IMG 9867

iPhoneの取り付けは超簡単で、本体を上下左右に広げて挟むだけで固定されます。一瞬でできるので、急に撮りたくなったときも便利。

IMG 9868

ガッチリ固定されているわけではないので、振り回したりしたら外れちゃいそうだけど、撮影するにはじゅうぶんな固定力。

IMG 9869

この写真ではママのiPhone4を取り付けているけど、もちろんiPhone5など幅53~72mmのスマホならなんでも取り付け可能。ホルダー部分にはカメラ三脚穴があるので、コンデジを取り付けることだってできちゃう。

IMG 0019

スティックは最長1200mmまで伸びるので、しっかり広角で撮影できちゃいます。

IMG 9940

こんなハイアングルからの写真だって撮れちゃう!

iPhoneの場合は、セルフタイマーアプリが必要。

iPhoneの標準カメラにはセルフタイマー機能がついていないので、アプリをゲットしましょう。僕はいろいろ試してみた結果、このセルフタイマーカメラ 1.5.0(無料)が、いちばんシンプルで使いやすいので気に入っています。

セルフタイマーカメラ 1.5.0(無料)App カテゴリ: 写真/ビデオ 販売元: Ryuji Kishi – Ryuji Kishi(サイズ: 1.9 MB) 全てのバージョンの評価: (462件の評価)

stick1

オートバイやサーフボードからの視点で動画を撮影できるアクションカメラとか、見たまんまを撮れるGoogleグラスとか、カメラの機能よりも視点を変えて楽しめる時代になってきましたね。

子どもたちが大人になったとき、パパやママが一緒に笑っている写真のほうが嬉しいはず。

街中で一人でこれを使うのはちょっと恥ずかしいかもしれないけど、昔の写真を見返したとき、思い出の真ん中に自分が笑っているっていいもんですよ。


Facebookを楽しむコツは○○の写真をとること!食事でも風景でも家族でもなかった!
アクションカメラ「Aee Magicam SD21」を購入!あのGoProとほぼ同性能で圧倒的にお買い得!早速動画も撮ってみた。 | タムカイズム
flickrはいらない?Facebookで写真管理をするべき10の理由。 | CLOCK LIFE

 

 

 

関連記事

  1. Apple/Mac

    Apple Watchで生活は変わったのか?(20日間使用レビュー)

    早いものでApple Watchが届いてから、もう半月以上が経…

  2. 写真/カメラ

    撮った写真ちゃんと見返してますか?デジタル写真を動画で楽しむ新しい形『SlideStory』

    楽しいイベントに参加したり、家族や友人たちとお出かけをすると、…

  3. ライフハック

    flickrはいらない?Facebookで写真管理をするべき10の理由。

    写真共有サービスと言えば、flickrかGoogle+と統一さ…

  4. コラム/エッセイ

    なんでもないような日。2017/10/26

    今日はどこのカフェで仕事をしようか。さんざん迷ってから、自宅の…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 名言

    「見よう見ようと目を凝らすほど、答えは見えなくなる。見つめても見えないなら、目を…
  2. Apple/Mac

    Apple Watchの価格・スペック・発売日など情報まとめ
  3. Apple/Mac

    スゴイ進化は目に見えた!『iPad Air 2』開封とiPad3との比較
  4. Apple/Mac

    僕のiPhoneホーム画面さらします(2013年3月前編)
  5. 日刊・週刊

    日曜日の夕暮れに、毎日ランと後で読まないと長男の14歳の誕生日を想う。(2013…
PAGE TOP