名刺デザインはプロにお願いするべきな4つのメリット

DSCN1853

ブロガー名刺を新調しました。

今までは、素人ながらに自分でデザインして自分で発注していたんですが、そろそろガチの本気名刺を作ろうと、今回はデザイナーさんにお願いしました。

プロにお願いすると、思っていたよりいろいろとメリットがあるのだな、と学べたので紹介します。

 

本気のブロガー名刺をプロのデザイナーさんにお願いしてみた。

これまで使ってきたブロガー名刺(右下除く)

DSCN1849

▲ 上の2枚は初期に使っていたもの。Facebookのマーク・ザッカーバーグの名刺を模倣して、下部にラインを入れて、ブロガーであることと名前だけを目立たせようと自分でデザインしたものです。ザッカーバーグのは「I’m CEO, Bitch.」と入っているあれですね。

左下のゴチャゴチャしているのは、地域情報サイト『茅ヶ崎ベース*』を運営しはじめて、それなりにやる気が出てきたときに作ったもの。名前はもとより、自分のパーソナリティをもっと打ち出していきたくていろいろ書きこんだのですが、やはり文字間やスペースや配置が素人丸出しで、非常に見にくいですね。

プロのデザイナーさんにデザインしてもらった本気のブロガー名刺

DSCN1840

▲ 表はこれまでどおり僕のメインブログ『CLOCK LIFE*』のタイトルをシンプルに。

DSCN1855

▲ 裏面には、僕の顔と名前、TwitterやFacebook、メールなど、最低限の連絡先と『茅ヶ崎ベース*』。さすがに綺麗にまとまってますね!

お願いしたのは、デザイナーでブロガーの岡部照将さん

DSCN1846

ガジェットブログ『OREGADGET』でも有名な、プロブロガーでグラフィック・デザイナーの岡部照将さんにお願いしました。

以前どこかのイベントでお会いして名刺交換をさせてもらったときに、岡部さんの名刺が一番印象に残ったんですよね。大規模なイベントだと、それこそ百枚以上の名刺をいただくことがあるんですけど、その中でも岡部さんの名刺がダントツに輝いていて、僕もこういう名刺がほしいなあ、と常々思っていたわけです。

DSCN1847

僕みたいな者が偉そうに解説するのもおこがましいんだけれど、岡部さんの名刺は、まず体裁が美しい。印刷会社で働いていた本物のグラフィック・デザイナーさんですから当然だけど、名前・肩書き・写真・連絡先などの情報の配置のバランスが、じつに見事ですよね。

岡部さんの場合、写真が載ってる表面に自分のプロフィールとプライベートなブログを、裏面にメインブログ『OREGADGET』の情報を載せていますが、どちらもデザイン的に優れていながら、それなりの量の情報を綺麗に配置されています。

プロにお願いする4つのメリット

1.自分がアピールしたいことを再確認できる。

他人にデザインしてもらう際には、名刺にどういうことを記載するのかを伝えなくてはなりません。名前と、肩書きと、連絡先と、といったふうにプロフィールを整理して話しているうちに、これはいらないんじゃね? あれも書いておいたほうがよくね? そっちを目立たせたほうがいいんじゃね?と、自分が名刺を渡す相手にアピールしたいポイントを、あらためて整理することができるんですね。

僕はとりあえず、名前と顔と2つのブログタイトルを前面に打ち出すことにしました。

2.新しい方向性が見える。

素人が自分1人でデザインすると、ひとつのテーマでしか考えられないものですが、プロにお願いすると、いろんな方向性のデザイン案を提示してもらえるので、素人では発想しえないパターンが見えてきます。

今回の僕の注文は「岡部さんの名刺みたいに、スタイリッシュだけどシンプルで、ちゃんと情報が載ってるやつにして」という曖昧なものだったのですが、岡部さんのほうから、以前の僕の名刺に載っていたキーワードを背景に薄く入れた案を出してくれて、気に入ったのでそれにしました。

これだと、デザインを損なわずに、かつよく見てみると、「茅ヶ崎、ブログ、料理、キャンプ、湘南、iPhone、オートバイ」といった、僕のキーワードが浮かびあがってくるという、素敵な名刺になりました。

3.お金払ってるからワガママ言える(笑)。

自分で使い慣れないイラレとかでデザインしていると、こんなもんでいっか、という妥協が生まれることが多いんだけど、お金を払っているので、けっこう細かいところの直しをお願いできたりするのもメリットかもしれません。僕の場合は、記載事項の変更とか追加程度でしたけど、相手はプロなんで、いろいろ相談するといいと思います。

4.お店や企業相手にも、負ける気がしない!

デザインのセンスはともあれ、素人丸出しの名刺だと、差し出す際になんとなく気が引けてしまうもの。とくに地域情報サイトの取材で飲食店や専門店などの店舗を訪れたときや、企業と仕事をさせてもらうときに、こういうプロっぽい名刺があれば、堂々と自己紹介できるというものです。

ちなみに余談だけど、きちんとした名刺と一眼レフを持っていると、取材するときの相手の反応が違う気がします、経験的に。

DSCN1843

 

岡部さんへ名刺デザインをお願いしたい方はこちら

okabeterumasa

ということで、僕の名刺をデザインしてくれた岡部照将さんに名刺をお願いしたい方は、下のリンクへどうぞ。料金や注文の詳細が載っています。

▶ グラフィックデザイン | Another Creative Life.

名刺だけでなく、チラシやパンフレットなどの印刷物の制作もやられているそうです。いろいろと相談しながら決められるので、安心しておまかせできると思いますよ。


大切な出会いを無駄にしていませんか?イベントやオフ会の後にやるべき6つのポイント #dpub9 | CLOCK LIFE*
DSCN1853.jpg

シェアしてくれると嬉しいです。