2014年に定番になったiPhoneアプリ #2014app

2014app

そのとき使っているiPhoneアプリは、その人の生活と、その人の向いている方向を見せてくれる。仕事や日常が大きく変わると、おのずと使うiPhoneアプリも変わってくるものだ。

数ヶ月前は、ニュースアプリやRSSアプリなど、iPhoneも外ばかり向いていたが、最近は自然な姿勢で自分自身を見つめたり、もっと広い世界を眺められるようになってきた気がする。

今年定番になったアプリを紹介したい。

DAYS7

 

優秀な全自動ライフログアプリ。様々なアプリと連携して、その日に撮影した写真、TwitterやFacebookへの投稿、カレンダーの予定、聴いた音楽、訪れた場所など、あらゆるアクションを自動的にログしてくれる。UIも見事で、個人的には感動してしまうほどすばらしいアプリ。Evernoteなどにエクスポートできれば完璧なのだが、いろいろ戦略もあるのだろう。

▶ DAYS7 – 様々なライフログと連携したシンプルでスマートなライフビューアアプリ

Noom コーチ

 

ダイエットと健康のための総合管理アプリ。食事・運動・体重のログがシンプルに素早くできる。Apple純正「ヘルスケア」と連動するので、データがまとまるのが便利。カロリー入力では「こんなとこまで?」と驚いてしまうほど様々な飲食店のデータが入っているので楽に続けられる。毎日届けられるダイエットのアドバイスも参考になる。

▶ Noomコーチ – ダイエットのための食事や運動、体重の記録もNoomで一括管理! | Noom Japan

TapCal 2

 

人気カレンダーアプリ「Staccal」の兄弟アプリ。元々の開発者が同じなのでUIや操作方法も似ているが、こちらの方がStaccalよりもシンプルでデザインが欧米的な感じ。iPhoneではスケジュールの確認がメインなので、豊富な機能よりデザイン性を優先してこちらを使ってる。

Way of Life

 

あらためて「習慣化」に取り組みはじめて復活させた習慣ログアプリ。一週間・一ヶ月単位でログを見返せるのがとても便利。良習慣は緑、悪習慣は赤と色分けされているので、自分の日常のクオリティが一目でわかるようになっている。習慣化アプリは多数あるが、操作もシンプルでこれが一番気に入っている。

Seeq+

 

僕がiPhoneで最も使う頻度が高いアプリ。とにかくWeb検索が簡単。このアプリを知るまでiPhoneでWeb検索をすることはほとんどなかったのだが、検索に関してはPCよりも断然スピーディで楽にできてしまう。関連ブログを読んでも使い方のコツがなかなかわからなかったんだけど、赤いメガネのヘビーユーザーに説明してもらってその驚くべき便利さを知った。ふだんPCにあまり触らないiPhoneユーザーにこそ本気でオススメしたい。

Flimarks

 

映画ファンなら外せないWebサービス。観たい映画や好きな映画をクリップするデータベースとして、映画を軸に繋がるSNSとして、映画批評を書いたり読んだりするレビューサイトとしての三役をこなす。趣味が合う友人やセンスがいい知人をフォローしておけば、知らなかったジャンルの珠玉の名作に出会うこともある。映画ファンの約束の地とも呼べるサービスだろう。

Instagram

 

今さらだが今年はInstagramをよく使うようになった。フィルタや加工などのカスタマイズが豊富で、様々な写真を自分の好みに仕上げられるのが気に入っている。また写真には言葉がいらないので、国籍を越えて海外の人々と繋がれるのも楽しい。日常を切りとった写真を眺めていると、FacebookやTwitterよりも直接的でわかりやすいSNSはInstagramなんじゃないかと思う。

▶ Instagram