全iPhoneユーザーが入れるべき!『Google』音声検索があまりにも便利な6つのポイント。

DropShadow ~ Googlekensaku1

GoogleモバイルのテレビCMが楽しそうだったので『Google検索』アプリをダウンロードしてみた。

はじめはちょっと疑わしく思っていたんだけど、そのあまりにも正確な音声認識精度と利便性に、毎日いちばん使うアプリになってしまったので紹介します。アップルはもうSiriとか言ってる場合じゃないよ。

Google 検索 2.5.1(無料)App カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ユーティリティ 販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 11.2 MB) 全てのバージョンの評価: (16,048件の評価) + iPhone/iPadの両方に対応

1.ほとんど何でも音声で検索できる。

何がスゴイって、音声入力の変換精度がとてつもない。世界中の情報を有する世界最大の検索エンジンGoogleだから、音声入力された単語を瞬時にデータベースと照合して、的確な変換をしてくれる。

先日、平塚に『一蘭』というラーメン店がオープンしたというので検索してみたところ、はじめに「いちらん ひらつか」と言ってみたら「一覧 平塚」と変換されたのだが、次に「らーめん いちらん ひらつか」と言ってみたら、きちんと「ラーメン一蘭 平塚」と変換されて詳細情報が表示された。

「らーめん」を付け加えただけで、「一覧」を店舗名の「一蘭」に変換できるのは、膨大なデータと照合しているからだろう。

IMG 7959

定期的に見たくなる、ロベルト・カルロスがフランス戦で見せたアホみたいなフリーキックも「ろべかる ふりーきっく ふらんすせん」で一発で表示された。

IMG 7954

「まかんこうさっぽう」は、音声認識の段階では漢字には変換されなかったものの、きちんと正しい検索結果が出た。

IMG 7957

2.とにかく速い!


僕はiPhoneやiPadだとどうしても文字入力でもたついてしまうので、本格的にWeb検索をしたいときはパソコンを使うことが多いのだが、『Google検索』を使えば、いつでもどこでも、一瞬で、パソコンよりもずっと速く検索ができてしまう。

アプリの起動から変換速度、検索結果の表示まで、すべてがスピーディであっという間なので、日常のWeb検索はほとんどiPhoneでやるようになってしまった。

3.カメラで撮影して写真検索ができる「ゴーグル」。

音声だけでなく写真からも検索できるのはカメラが使えるモバイルならではの機能だ。様々な商品や建造物、絵画の写真を撮ってそのまま検索できる。試しに娘の書籍を撮影してみたらきちんと認識して検索された。写真を撮るという一動作でここまでできるのはスゴイ!

IMG 7973 IMG 7974

4.シンプルで使いやすい。

今さら言うまでもないが、GoogleのUIはAppleに負けず劣らず、見やすくて使いやすい。起動したらマイクをタップするだけ!

もちろんGoogleアカウントでログインできるので、GmailやGoogle+、ニュースや写真などにも簡単にアクセスできる。

DropShadow ~ IMG 7964 DropShadow ~ IMG 7965

5.いずれはSiriのように音声回答もしてくれるらしい。

現在のところ「英語(米語)」にしか対応していないが、iOSのSiriのように、ユーザーの質問に音声で対応したり、指示を与えたりすることができるらしい。

未対応の現在の日本語環境だと、「今日の茅ヶ崎の天気は?」と訊くと、Yahoo!天気予報や気象協会の茅ヶ崎地域の予報が表示されるだけだが、いずれは「晴れときどき曇りで、ところにより雨。最高気温は31℃でしょう」とか言って教えてくれたり、ブラウザで音楽や動画を再生してくれたりしてくれるようだ。

6.言うまでもなく世界一のデータベース

▶ Google検索の音声認識がSiriよりすごい(気がする)理由:海外速報部ログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ

こちらの記事によると、Googleの音声認識がスゴイのは、やはり他にない膨大な情報があるからだそうですよ。具体的には、

  • Google検索の音声検索にユーザーが入力する音声データ
  • YouTubeなどのGoogleのサービスにアップロードされる動画の音声データ

などが匿名化されて、膨大なデータとして蓄積されているとか(ここまで上記記事より抜粋)。

日本中のユーザーの肉声と、YouTubeから聞こえるすべての日本語の発音が音声認識の支援をしているのだから、変換精度が高いのも納得できる!

AppleはSiriとか言ってる場合じゃないよ?

世界最大の検索エンジンと膨大なWebサービスを有するGoogleだからこそできる、いやGoogle先生にしかできない芸当です。YouTubeの音声データも、検索エンジンの情報データも持っていないAppleが勝てるわけがない。

AppleはそろそろSiriとか独自マップとか言ってないで、Googleと共存共栄していく方向にシフトしていかないと、沈没する日も遠くない気がします。キャプテン(船長)はもういないんだから。

ちなみに、Androidだとマップで場所を検索するときにもこの音声入力が使えるからすごく便利らしい。

テレビで見た飲食店とか料理のレシピとか、日常でふと検索したいときに、ホントに便利です!Web検索の未来は全部音声入力になるんじゃないでしょうかね。Macでも使いたいくらいです。Chromeにはあるのかな?

僕もはじめは人前でiPhoneに向かって「しょうなん らーめん らんきんぐ」とか言うの恥ずかしかったけど、よく考えたら電話で話すみたいに耳につければ自然にできますよ。
▶ Google モバイル:さがそう。「ルームメイトだから」 – YouTube.

運転しながらWebチェック。Pocketの記事を流暢な日本語で読みあげてくれる『Lisgo』 | KLOCKWORKs
平塚にやってきた人気博多ラーメンチェーン『一蘭』は観光客向け?美味しかったけど。 | KLOCKWORKs