Apple/Mac

【はじめてのRSSリーダー】毎日見るサイトをiPhoneですばやく簡単にチェックしよう。

Rush hour by Puss.In.The.Hood
Rush hour, a photo by Puss.In.The.Hood on Flickr.

朝の通勤時や会社での空き時間に、iPhoneやコンピュータでWebチェックをしている人は多いと思います。

だけど通勤時だと読み込みに時間がかかることがあるし、たくさんのWebサイトをチェックするのはけっこう大変です。そこで、RSSリーダーを使って、毎日すばやく大量のサイトをチェックする方法を紹介します。

RSSリーダーって何?

Google リーダー (1000+)

RSSリーダー(フィードリーダー)というのは、好きなサイトをまとめて登録しておいて、それらのサイトの更新した情報だけを表示してくれるRSSを読むためのツールです。

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

引用元: RSS – Wikipedia.

 気に入ったWebサイトのRSSのURLを登録すると、そのWebサイトにアクセスしなくても最新情報の概要を確認できる。その概要を見て、さらに詳しく読みたい場合は本のWebサイトを開く。つまり、更新チェックと概要確認が同時にできる点が便利である。

 

実際に登録してみよう

 

RSSリーダーにはいろいろありますが、僕は「迷ったときの最大手」ということでGoogleリーダーを使っています。

登録はコンピュータから行いましょう。

1.左上の「登録」から、好きなサイトの名前かURLを入力して「追加」を押す。

Google リーダー (1000+)-6

2.表示されたサイトを確認して「登録」をクリックすればオーケー。

Google リーダー (1000+)-7

3.左下の「登録フィード」に追加されています。

Google リーダー (1000+)

iPhoneでRSSを読む

iPhoneのSafariでGoogleリーダーを読むこともできますが、せっかくなので専用アプリを使いましょう。

Reeder 2.5.4(¥250)

カテゴリ: ニュース
現在の価格: ¥250(サイズ: 4 MB)
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi
リリース日: 2009/09/24
現在のバージョンの評価: (50件の評価)
全てのバージョンの評価: (680件の評価)
App

 

 

迷うことなくオススメするのが、世界標準のこのアプリ。スポーツ新聞二日分の価格で、毎朝の通勤時間が快適になるのですから、利用しない手はないでしょう!

おわりに

かつては「情報にも価格がある」と言って、Web上の無料情報をバカにする向きもありましたが、今はそれこそWebの情報の方がスピーディでリアルなことも多いですよね。

何より、チェックしたいサイトを自分で選んでまとめておけるというのが、RSSを利用する最大の利点の一つではないでしょうか。

ビジネスニュース、IT情報、サッカーニュース、笑える情報、くだらない話、心がぽっとあたたかくなる言葉、などなど、自分だけのパーソナルな新聞や雑誌を作れるのですから。

FlipboardやInstapaperなどと組み合わせると、忙しい人に必須の最強の「Webチェックシステム」ができあがるのですが、それはまた後日。

関連記事

  1. Apple/Mac

    あえて僕がiPhoneのサイズ比較をする。答えは自分の中にあるよ。

    iPhone 6sを購入するにあたって、ふつうのやつにするか、…

  2. Apple/Mac

    MacBookにハードシェル装着&ステッカーチューンでアウトドア仕様に!

    「いつでもどこでも降りてきた言葉を書けるように」購入したMac…

  3. デジタルツール/Webサービス

    スマホの中の写真全部消しちゃっていいの?いいんです!

    あのう、あたし気づいちゃったんです。Google+の写真サービ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. Apple/Mac

    ノラ・ジョーンズも教えてくれる!GarageBandのギター・ピアノレッスンがマ…
  2. 映画

    僕らには世界が見えていない。映画『ルーム』
  3. グルメ

    【レシピ】ゴマたっぷり!クリーミーで美味しい豆乳鍋の作り方☆
  4. 好きなことだけして生きていく

    それってホントに大変?ボクが勝手に問題にしていたママちゃんのお話。
  5. Apple/Mac

    iOS 7になったのでホーム画面を公開してみる。(2013/10)
PAGE TOP