Apple Musicで、大切な人に想いを届ける方法

IMG 2036

自分の好きな曲ばかりを集めたカセットテープやMDを、誰かにプレゼントしたことはないですか?

僕はあります。

大人になってからはあまりないけど、それでも、遠くで傷ついている誰かに「あなたを大切に想っているよ」という気持ちを伝えたいとき、音楽を贈りたいなあと思うことがよくあります。

Apple Musicの登場で、それが簡単にできるようになりました。

Apple Musicで、大切な想いを共有する。

IMG 2035

Apple Musicでは、聴いている楽曲やアルバムを共有することができます。

TwitterやFacebookなどのSNSはもちろん、メッセージやメール、LINEで個人に送ることもできるので、手間なく簡単に「音楽を贈る」ことができるんです。

IMG 2037

相手がApple Musicを使っていれば、添付されたリンクを踏むだけで、すぐにその曲が聴ける。

当たり前のようだけど、よく考えたらとてつもない。

言葉や絵文字を使ってでしか表せなかった気持ちを、音楽にのせて贈ることができるなんて、本当にすごいや。

言葉や絵文字では伝わらない気持ち。

IMG 2034

FacebookやTwitterで、誰かが今聴いている音楽を投稿しているのを見かけたときも、Apple Musicならすぐに聴くことができる。

誰かが感極まって涙している曲を、文字通り共有できるのだ。

インターネットとSNSの進化で、僕らはなんでもない個人的な言葉や写真を、多くの人々と共有できるようになったが、ようやくそこに音楽が加わった。

「無理しないで」とコメントしても気持ちはあまり伝わらないが、美しいメロディなら、あなたの心の奥の想いが届くかもしれない。

一人じゃないから
私が君を守るから
あなたの笑う顔が見たいと思うから
時がなだめてく
痛みとともに流れてく
日の光がやさしく照らしてくれる

引用元:AI「Story」

AIの「Story」をApple Musicで聴こう。 https://itun.es/jp/nrHTt?i=330699871