音楽

連なる楽曲がやがて僕らをノリノリにする『Groove』

Groove1

音楽は僕らの心を高揚させ、ときとして至福を与えてくれるものだが、てんでばらばらの曲を聴いていては気持ちは上がっていかない。大事なのは連続する曲と曲がもたらす「Groove(ノリ)」だ。

iPhoneに音楽をたくさん入れすぎて、どれを聴いたらいいか迷ってしまう人は多いだろう。お馴染みの曲ばかりでは飽きてしまうし、シャッフル再生だとグルーヴもへったくれもない。

そんな人に心からオススメしたいのが、様々なアプローチで魅力的なプレイリストを自動的に用意してくれるミュージックアプリ『Groove』だ。このアプリで音楽を聴くと、これまで何度も聴いてきたマンネリ気味の楽曲でさえも、新鮮な響きで耳に入ってくるから不思議だ。

 

『Groove』がクールな4つのポイント

1.迷わず聴ける4つの基本のプレイリスト

IMG 9308

メイン(ホーム)画面中央に、4つの便利なプレイリストが用意されているので、そのときの気分で選ぼう。

Groovy Mix

ランダムに選ばれたアーティストや楽曲をベースに、ジャンルや傾向、グルーヴが似ている曲をミックスしたプレイリストを流してくれる。好みの気分の曲が出てくるまで何度でもアイコンをタップしよう。最も手軽で迷わないので、僕は毎朝まずこれを選んでいる。

Surprise Me

なんでもありのプレイリスト。特定のアーティストや、任意の複数のアーティストをミックスしたプレイリスト、ジャンル別、などなど、あらゆるタイプのプレイリストをランダムに出して僕らをサプライズさせてくれる。どんなプレイリストであれ、テーマがきちんとあるのでグルーヴが邪魔されないのがさすがだ。

Favorites

お気に入りの曲をミックスしたプレイリスト。おそらく再生回数や自分でつけたスターの数で選別されているのだろう。好きな曲を聴いて一気にテンションを上げたいときに使っている。

Three of a kind

ポーカーの「スリーカード」という意味で、同じアーティストの楽曲を3曲ずつ流してくれるプレイリスト。この3曲という曲数が絶妙で、1曲ずつ変わると流れもへったくれもないが、5曲ずつだと飽きてしまうので、ちょうど心地よくできているのだ。これもけっこう使う機会が多い。

2.クールで使いやすいジェスチャーアクション

IMG 9309

ホーム画面には、最下部のミニプレーヤーの右側にある「再生・停止」ボタンと、上部の左右にある「メニュー」「検索」ボタンしか用意されていない。他の複雑な操作はすべて、タップやスワイプなどのジェスチャーで行う。

操作は直感的でシンプル。たとえばミニプレーヤーをタップすれば再生されている楽曲がフルスクリーン表示され、もう一度タップするとジャケット写真が大きくなり、ダブルタップすればプレイリストが表示される。フルスクリーン表示で上下にスワイプすれば音量を調節できる。詳しくは「メニュー」から「Tutorial」が参考になるだろう。

3.動く、変わる、飽きさせないスタイリッシュなUI

IMG 9301

ホーム画面では、iTunes Music Storeのように様々なスタイルでiPhoneに入っている楽曲を次々に表示、紹介してくれるので、見ているだけでもとても楽しい。

画面トップには「注目の的」と称して、アーティスト別や、2人のアーティストをミックスした「duo mix」、ジャンル別などのプレイリストがジャケット写真とともに表示され、時間の経過とともに変動していく。その下には「Favorites」「ライブラリ新着」「Better Together」などとつづくので、どんどん下へスワイプしよう。

Powerd by last.fmとあるので、音楽系SNS「last.fm」から引っぱってきているのか、自分が持っているアーティストや楽曲の違う写真やジャケットが表示されるのが、地味に楽しい。車載ホルダーでiPhoneを使ったり、iPadで使うときなどは、画面を眺めているだけでとても楽しいのだ。

4.機能豊富なメニュー

IMG 9302 IMG 9303

もちろん一般的なミュージックプレーヤーとしても使える。メニューから「Artists」や「Albums」を選べば、iPhone内の全楽曲を選べるほか、それぞれの「TOP(お気に入り)」も表示されるので便利だ。

「Friends」で仲間と繋がったり、FacebookやTwitterで楽曲を共有することもできる。1曲だけでなく、プレイリストごと共有できるのは『Groove』らしい。

僕らの退屈な日常に熱気をもたらしてくれる。

このアプリを使うようになって、音楽はグルーヴ(ノリ)が何よりも大切なんだということをあらためて実感させられた。

ライブや野外フェスへ行くと非日常的な熱気と興奮を味わえるのは、生のアーティストを見られるということもさることながら、会場やスタッフ、来場者、流れる空気などのすべてが、同じグルーヴにあるからなのだろう。

『Groove』は、その巧みで魅力的なプレイリストの数々で、僕らの退屈な日常にグルーヴをもたらしてくれる。聞き飽きた曲やほとんど聴いていなかった曲が、他の音楽との和の中で、新たに魅惑的な響きを聴かせてくれるだろう。

Groove: iPhone、iPad用スマート音楽プレーヤー 2.3(無料)App
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
販売元: Zikera – Zikera(サイズ: 20 MB)
全てのバージョンの評価: (2,613件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

iPhoneのホーム画面からミュージックが消えた日『exfm』 | CLOCK LIFE



もう何を聴くか迷わない。好みのアーティストから新しい音楽に出会う旅『Jango』 | CLOCK LIFE

⬇️ここまで読んでくれた人は、TwitterやFacebookでシェアしてくれたら、おいちゃん嬉しくって涙が出ちゃうぜ

関連記事

  1. 音楽

    何度でも泣ける。豪華アーティスト達がカバーする中島みゆき『糸』6選

    中島みゆきさんの『糸』が発表されたのは1992年。22年も前の…

  2. Apple/Mac

    USB接続できるフェンダーのギターはiPhoneやiPadのスピーカーから音が出ないという事実。

    昨年のクリスマスに、アメリカのAppleストアで売られている「…

  3. iOSアプリ

    iPadで宇宙への扉を体感するアプリ『kibo360°』

    地球からおよそ400km上空にあるISS(国際宇宙ステーション…

  4. Apple/Mac

    iOS 7になったのでホーム画面を公開してみる。(2013/10)

    iPhone 5sに機種変更するにあたってアプリを整理したので、ひ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. グルメ

    【パパごはん】豚バラブロックを使った煮込まないカレーがジューシー&シャ…
  2. 夢を叶える

    2012年の終わりにありがとうを捧げたい人たち。 #2012thanx
  3. フィットネス / 健康

    【REBOOT】僕が岩盤浴で身体だけじゃなく心からも汗をかいてハッピーにデトック…
  4. ガジェット/家電

    BenQの31.5型4Kディスプレイを書斎の壁掛けサブディスプレイにして遊びまく…
  5. 日刊・週刊

    日曜日の夕暮れに、秋のツーリングと図書館と音楽を想う。(2013/10/06)
PAGE TOP