「時間がない」というあなたにだって、毎日7時間余ってるじゃん!

Clock 708187 1280

「夢が叶わない」「好きなことができない」という人が一番よく言う理由が「時間がない」です。

お金がない、経験がない、とかも言うけど、何よりも

「毎日働くのに精いっぱいで、自分の好きなことをやる時間なんてないよ!」

と言う。

そんなあなたに、おもしろい話を見つけましたよ。

じつは1日7時間もの時間が余ってる!

長岡さんという方がTEDで講演されていたんだけど、24時間を意識して分割すれば、なんと僕らには7時間もの余分な時間があるんだって。

  • 食ってくための仕事 ・・・ 8時間
  • 食事や入浴 ・・・ 3時間
  • 睡眠 ・・・ 6時間
  • 余ってる時間 ・・・ 7時間!

睡眠が6時間じゃ足りないよ、という人や、仕事は8時間じゃ終わらないよ、という人もいるだろうけど、その辺は自分で調整してくださいな。

「成功したい」「夢を叶えたい」というか、「幸せになりたい」と願うならば、くそみたいな長時間労働なんてやめちゃえばいい。

まあいろいろあったとしても、最低5時間くらいは余分にあるわけです。

余った時間くらい「好きなことだけ」やりましょうよ!

この7時間に着目さえすれば、諦めの理論は全て解消されるんだって僕の中では考えています。そしてこの7時間を見つけた人間が、実は2回人生を送ることができるんです。つまり、ダブルワークは可能だということなんですね。

これを見ても「時間がない」って言える? ”人生を2回生きる男”が語る、自由に生きるための時間生産術|TED

長岡さんは、ダブルワーク、つまり、「食うための仕事」と「夢のための仕事」の両方ができる、と言ってるわけですが、別に働きづめにならなくったっていい。

1日に7時間も余分な時間があるんだったら、それこそその時間は「好きなことだけやればいい」

映画を見たり、サーフィンしたり、お酒飲んだり、友だちと遊んだり!

え?それじゃ意味がないって?

遊んでるんじゃ結局時間を無駄にしてる?

いやいや、そんなことないですよ!

きちんと(生きるためにがんばって)8時間も働いた上で、1日に7時間も余分な時間があるんだって気づくことができたんだから、その時間だけは、

「本当に好きなこと」をやりましょうよ!

それが、あなたのワクワクを育ててくれるんです。

ワクワクが育つと、もっと大きなワクワクがやってきて、なんか知らんけど夢が叶っていくんですから!

せっかくの余った時間をがんばっちゃうと、ただ疲労とストレスを溜めて、けっきょく働いてるのと同じでしょ?

意味がわからない!という人はお気軽にご連絡ください。じっくり話さなければ理解できないことが、世界には溢れています。

茅ヶ崎の海でお待ちしていますよ。

▶連絡先:りゅう