コラム/エッセイ

芥川賞受賞の又吉『火花』は、「どうしても書かざるを得ない切実なもの」

お笑い芸人の又吉直樹さんが芥川賞を受賞したというニュースを聞いて、古舘伊知郎さんじゃないけど、僕も「おや?」と思いましたよ。

まだ作品を読んでないのでなんとも言えないけど、率直に「へえ、芸人が芥川賞を取る時代になったのかあ」と苦笑したのは事実。

もちろん作品の質が良ければ、作者の職業なんて関係ないんだけど、芥川賞というのはやっぱり日本の純文学の最高峰であって、二足のわらじを履いておいそれと獲れるものじゃないはず、というイメージはあるもの。古館さんの言ってることもわかる(笑)。

山田詠美さんが言うんだから

でも、選考委員の山田詠美さんの受賞の説明を読んで、僕は一人で納得。

「どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる感じで、欠点も多々あるんですけど、何か強いものを感じた。一行一行にとてもコストがかかっている感じがした」

引用元:産経ニュース

なるほど。

僕は、小説(あるいは純文学)とは「どうしても書かざるを得ない切実なもの」だと思っています。

それがふさわしいのが芥川賞だとも思う。

だから妙に崇高なイメージがつきまとうし、本業作家じゃない人が受賞すると、僕や古館さんなんかは違和感を感じてしまうんでしょう。

でもね、僕が青春期に影響を受けまくって、今も尊敬してやまないエイミーこと山田詠美さんが

「どうしても書かざるを得ない切実なもの」

だと言ってるんだから、もうそりゃあ納得するしかない。

 

他の識者が言うように、たしかに技術的欠点は多いのだろうけど、芸人にしては口数の少ない又吉の、小説でしか表現できない魂の言葉が、一行一行に込められているというのならば、それは読むのが楽しみでしょうがない。

今や世界を見渡せば、ネットでも映画でもテレビ番組でもなんでも、いかに「売れるか」ばかりを追求した表現ばかり。

芥川賞だって所詮は「文藝春秋」の宣伝だという事実もあるけど、それでも、そこに本物の「切実」があるというのなら、読んでみたくなりませんか?オラワクワクしてきたぞ。

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    雨の月曜日。青い鳥。白い猫。

    雨の月曜日。やる気が出ないが、いつものカフェへ。…

  2. コラム/エッセイ

    卒業式。子どもは育ち、親は死に、俺たちはただ今日を生きていくよ。

    長女の小学校卒業式に行ってきたよ。ママちゃんが子どもの…

  3. コラム/エッセイ

    見下すピートじいさんは見下される。

    イチローが日米通算4257安打を達成して、単独で歴代最多安打世界一にな…

  4. 書籍/小説

    心屋仁之助の言うことがよくわからないという男どもが読むべき本

    最近僕のまわりで、空前の心屋仁之助ブームが起こってるんですが、…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 映画

    傷は消えないけど、痛みは消すことができる『まほろ駅前多田便利軒』80点
  2. 好きなことだけして生きていく

    さんぽ道を変えただけで、勝手に自由になって勝手に楽しくなってるハッピー野郎の夏の…
  3. ライフハック

    <2017>毎日を「ハレとケとケガレ」に分類して心地よく生きていく
  4. 写真/カメラ

    世界が滅びるその日まで、僕が消さないであろう定番iPhoneアプリ6選
  5. Apple/Mac

    iTunes11にサイドバーを復活させる方法
PAGE TOP