夢に向かってがんばるのをやめたら、夢が叶ってきたよ!

Car 218955 1280

僕には目指しているものがあります。

まだ照れくさいから言わないけど、「〇〇になりたい!」いう、いわゆる夢というか目標がある。

でもね、がんばるつもりは一切ないんです。

がんばらなくても、自分がすでにそれになっている姿が想像できるんです。

ていうか、がんばっちゃダメなんですよ。

放っておいても、大丈夫。がんばるから、無理が生じる。

僕がそれになるためには、いろいろ勉強しなくちゃいけないし、その道の先賢や有名な人から学ぶ必要もあるかもしれない。

でもね、がんばらない。

放っておいても僕は、そういう本をバンバン読んで吸収していくだろうし、がんばって会いに行こうとしなくても、いつか彼らに会うことになるだろう、という強い予感があるんです。

つまり、今まで通り「好きなことだけして」生きていれば、「いつの間にかなっている」はずなんです。

そしてこの予感は確信に近い。

がんばったらダメ。

夢や目標に向けてがんばると、無理が生じます。

そのために何かをガマンして(睡眠だったりお酒だったり趣味だったり)、日常がつまらなくなる。

「自分は夢のためにがんばってるんだから、好きなことをやってるんだ!」とか理屈でごまかしてもダメ。

日常がつまらないということは、人生がつまらないということです。

つまらない人生を生きてる人が、夢を叶えられるでしょうか。

がんばらないと叶わない夢は、本物の夢じゃない

あなたがなりたいものが、がんばらないとなれそうもないのだとしたら、その夢は捨てたほうがいい。

ていうか、たぶんその夢は、あなたが本当になりたいものじゃない。

あなたは本当にそれになりたいのですか?

まわりの情報や世間体や常識に影響されて、そう思いこんでるだけじゃないんですか?

僕は以前、ブログで食っていくという目標を持っていました。

でもある日、気がついたんです。

「俺がやりたいの、ぜんっぜんこれじゃねー(笑)」

で、ブログで食ってくためにがんばるのをやめました。

代わりに、好きなことだけやるようにしたら、今なんか、ブログとかで食っていけるようになっちゃった!

まったく努力しなかったから、ジャガーを乗りまわしてる社長

青山の高級マンションに住んで、ジャガーの一番高いグレードを乗りまわすくらいには社会的に成功しているある人は、口癖のようにこう言います。

「俺はひとっっっっっつも努力なんかしたことないんだよ。好きなことばっかりやってたら、もう楽しくて楽しくて、お客さんが喜んでくれてるだけ」

最近ようやく彼の言葉の真意がわかってきました。

メッシは世界一のサッカー選手になるために「がんばった」んでしょうか?

違うよね、もうサッカーが楽しくて楽しくてしょうがなくって、寝ても覚めてもサッカーばっかりやってたんでしょう。だって、楽しいんだから!

「メッシには特別な才能があるんだから、俺らとは違うよ」って誰か言いました?

それはそうです。メッシは選ばれた才能を持って生まれてきた。だから世界の誰よりもサッカーが楽しいはず。

じゃあ、あなたも自分のその才能を見つければいいじゃないですか?

世界一にはなれないかもしれないけれど、誰かより秀でているギフトを、あなただって必ず持っているはずです。

そんなのわからないって?

それは、あなたが「楽しい」って感じることの中にあります。

仕事とか将来とか家族とかのことはぜーんぶ忘れて、自分が何でもやっていいとしたら、毎月何もしないでも一千万円もらえるとしたら、これから何をしますか?

心の呪いが解けてまだちょっとの時間しか経っていないのに、僕は夢に向かってがんばるのをやめたおかげで、夢が叶いはじめています。

嘘だと思うなら、しばらく僕を見ていてください。

時間はかかるかも知れないけれど、どんどんどんどん夢を叶えていく僕を目の当たりにするでしょう。

信用できたら、連絡をください。すこしはあなたのお役に立てるかも知れません。もちろん、今すぐにでも。

▶連絡先:りゅう