新しいApple TVは、家族のための大きなiPadになるかもしれない。

ATV2

先日行われたAppleの新製品発表イベントで、僕が最も心を躍らせたのは「Apple TV」です。

そもそも何年か前に第2世代のApple TVを買って以来、僕にとって最もワクワクするAppleプロダクトは、MacBookでもiPhoneでもなく、ずっとずっとこれなんです。

わが家では、ほぼ毎日リビングのApple TVを起動しています。

現行モデルにもいろんな機能があるんだけど、実際に使うのはこれくらい。

  • HuluやNETFLIXで映画視聴
  • 写真を見る
  • 音楽を聴く

けれど、家族全員がiPhoneやiPadなどそれぞれiOSデバイスを持っていて、上に挙げた機能はどれもそれらでできてしまうため、最近はApple TVの出番が少なくなっています。

Apple TVよりも最新のiPhoneやiPadの方が操作性がいいし、子どもたちはiPadでゲームばかりしているし、第2世代モデルではYouTubeも見られないし。

最近は、頭をくっつけてiPadを覗きこんで動画を見ている娘たちに「映画なら大きなテレビで(Apple TVで)見なさい!」とたしなめる場面が増えています。

とりあえずSiriはどうでもよくて、アプリとリモコンがテレビを変える。

ATV1

先日発表された新しいApple TVは、Siriによる音声コントロールが注目されているけど、一般的個人ユーザーの立場から見ると、声で操作するとかどうでもいい(笑)。それよりも

  • AppStoreが用意されて、アプリが使えるようになった
  • タッチセンサー付の新型リモコンで操作性が向上

の恩恵は限りなく大きい。

tvOSアプリの可能性は無限大

Apple TVでアプリが使えるようになるということは、テレビが大きなiPadになるということでしょう。

今まで娘たち2人が順番争いでケンカをしていたiPadのゲームを、大きなテレビ画面でプレイすることができる。

iPhoneをコントローラーとして使えるので、2人同時プレイもできるようになる。

ファッションアイテムを購入できるアプリなんかもあるし、Web検索も含めて、今まで小さなiPhoneやiPadでやっていたことが、どんどんリビングの大きなテレビでできるようになるのです。

iPhoneもスマホも、これだけ短期間に人々に広まったのは、世界中のアプリデベロッパーが想像を超えたアプリをたくさん作ってくれたからです。

きっとApple TVにおいても、僕らが今想像もできない楽しい体験を生みだしてくれることでしょう。

リモコンがやっと性能に追いつく?

ATV3

それらの新機能をふんだんに使うために、リモコンがリニューアルされているのが重要です。

今までのリモコンは、デザインこそシンプルでクールだけど、赤外線は反応が悪いし、正直クソでした。iPhoneの「Remote」アプリでも操作できるけど、それもいちいちめんどくさい。

新型リモコンには、従来のMENU、ホーム、再生停止ボタン以外にも、声で操作できるSiriボタンや音量ボタンに、なんといってもタッチパッドが搭載されているので、自由度は飛躍的に上がるでしょう。

iPhoneやiPadを使うのに近い感覚と操作性で、Apple TVを使うことができるようになるはず!

やっぱりテレビがiPhoneやiPadに近くなるんでしょう。

ATV4

しかもBluetooth対応になったので、他社製コントローラーでゲームを楽しむこともできる。

ジョブズが求めた「家族のためのApple」プロダクト

昔ほどじゃないにしても、多くの人にとってテレビはまだまだリビングの王様です。家庭で一番大きなディスプレイは、たいていリビングのテレビでしょう。

人々がそれぞれ自分のデバイスを所有して、自分だけの自由な時間を体験できるのは素晴らしいことだけど、家族が集まるリビングでは、みんなで同じディスプレイを見ていたいなあって、パパなんかは思っちゃうんです。

みんながみんな、それぞれのiPhoneやiPadばかり覗きこんでいるのは、やっぱりなんか寂しい。

往年のジョブズは、家族を何よりも大切にしたと言います。テクノロジーによって「日常を豊かにする」ことを追求したジョブズがもし生きていたら、やっぱりApple TVに最も力を入れたんじゃないかな。

ビジネスユースのためにiPad Proはディスプレイが大きくなったけど、世界中のファミリーのために、Apple TVが大きなiPadになってくれることを期待してやみません。