ディープでローカルな店を紹介するNHK「世界入りにくい居酒屋」がごきげん楽しい。

hairinikui1

深夜にNHKで放送している「世界入りにくい居酒屋」が、最高に楽しい。

世界中の、地元の人しか知らないディープでローカルなお店で飲んだくれる。とことんハッピーな酔っぱらいたちを眺めていると、人生ってサイコーだ!なんて気持ちになるよ。

この番組は、世界の有名観光地にある、「入りにくい店N0.1」を徹底調査。地元ならではの美食・美酒を楽しみ、文化の違いに驚き、店の人や客達との会話から、その土地の人情や現代の世相まで堪能…。次の旅の参考にするも良し、テレビで気軽にディープな雰囲気を味わうも良し。

大人のための新しい紀行エンターテイメントが始まる。

世界入りにくい居酒屋|NHKオンライン

グアダラハラ(メキシコ)で一番入りにくい店

底抜けに明るいメキシコのバー

hairinikui2

飲んべえの友人に教えてもらって僕が初めて見た回は、メキシコの居酒屋。

街中にある倉庫みたいな外観のバーなんだけど、天井が高くて広いお店で、メキシコらしく底抜けに明るい。

昼間っから男どもがコロナビールやテキーラをガンガンやりながらバカ笑いしてる。

どうしようもない連中だな、とか思うんだけど、弁護士さんとか社長さんとかちゃんとした仕事に就いてる人も多いんだよね。

お店のBGMはピアノの生演奏。と言っても、陽気なおじさんが好きな曲を勝手に奏でてるような自由でおバカな雰囲気。気がつくと常連客が隣に立って大声で歌ってる。でも誰も気にしない。いつもの風景という感じ。

夜には300人を越えるお客さんが来て、カウンターでは男たちがメキシコ美女をナンパしてる。歯の浮くようなキザな台詞で愛を語る男に対して、女たちは笑いながら歌を唄ってはぐらかす。

地元のおつまみがおいしそう

hairinikui2

飲むのはコロナビールやテキーラをショットで。それかハトという名のカクテル(テキーラ・レモン・グレープフルーツソーダ・塩)。飲みやすくてガンガンやってると空を飛んじゃうくらいヤバくなるからハト。さっぱりしてておいしそう。

人気のおつまみは豚足。酢とオレガノで漬けこんだ豚足に、口がシビレルほど辛いチリソースをかけてしゃぶりつく。

「持ち込み厳禁」の看板があるのだが、常連客は家から持ってきた野菜を店のシンクで洗って、カウンターで豚肉と和えてつまみを作ってしまう。店主は「あんなもん料理じゃないよ」と言って笑うだけ。

お手伝いをするとお酒が2杯無料になる。

hairinikui3

常連客の中には年金暮らしのおじいさんもいる。彼らは他のお客さんに注文されたビールを出したり、テーブルを拭いたりして店の手伝いをすることで、店主にお酒をおごってもらう。

店主が前のオーナーから引き継いだ言葉がある。

「皆に親切に接しなさい。決してウソをつくな。必要以上にお金は取るな」

金よりも何よりも人を大切にする、あったかくて素敵な店だ。

BSプレミアムだけど、たまに地上波で再放送やってる

番組を進める二人の女性ナレーターは毎回違うんだけど、メキシコの回は島崎和歌子さんとアッキーナ。イギリスの回では椿鬼奴さんと麻里子様だったり、酒が好きそうなタレントを揃えてるみたい。

放送は毎週水曜日の午後11時15分から11時45分まで。

BS放送なんでわが家では見られないんだけど、たまに地上波で再放送をやってるのでそっちを見てる。

テレビの録画予約で番組名を登録しておけば自動で録ってくれるよ。

ちゃんと見たい人は「NHKオンデマンド」なら月額972円か一話108円で見ることができるみたい。

僕もそろそろ、自分ちみたいにくつろげるお店がほしいな。

各種Webサイト

▶ Facebookページ:NHK 世界入りにくい居酒屋

▶ 公式サイト:世界入りにくい居酒屋|NHKオンライン

▶ NHKオンデマンド 世界入りにくい居酒屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です