ブログ

【WPメモ】「Open Graph Pro」でWordPressのOGPを設定する方法

3633E6F7 54EB 40C4 9E04 03A6C602BA48

ブログ環境見直し第2弾は、OGPの設定。

これができていないとFacebookで記事に「いいね!」してもらっても、友達のニュースフィードに記事が表示されないので、拡散してくれないんですね。

「OGP」を設定するべき理由

「Open Graph Protocol(オープングラフプロトコル)」とは、Facebookがブログなどの外部サイトをきちんと認識するための記述方法です。

これを設定しておけば、友達が「いいね!」してくれたときに、その人のニュースフィードに記事の情報が掲載されるので、友達の友達が目にする機会が増え、どんどん拡散されていくことになるでしょう。

プラグインでOGP簡単設置

WordPressには、OGPを簡単に設定するプラグインも揃っているので、僕はこれを利用しました。参考にしたのは以下の記事。

▶WordPressのOGP設定は「Open Graph Pro」がベスト | Last Day. jp.

この記事を参考に「Open Graph Pro」というプラグインを導入したのですが、僕がちょっとつまづいたのが「Admin ID」の取得。

要は「http://graph.facebook.com/ryu.nagayamaの最後の名前の部分を、自分のFacebookの名前(Facebookで自分の名前をクリックしたときにURLの最後に表示されるもの)に書き換えてブラウザに入力すればいいだけでした。

きちんとOGPが設定されているか確認する

2839A744 8C75 4D77 85C0 62E07FFBF3B2 3

せっかくプラグインを導入しても、きちんと設定されていなければニュースフィードに記事が掲載されることはありません。

Facebookはデバッガー(バグを修正するソフトウェア)を用意していますので、エラーがないかチェックしてみましょう。

▶Facebookのデバッガー(ブログのURLを入力するだけ)

参考にした記事はこちら。

▶今すぐ確認した方が良い – FacebookのOGPがきちんと設定できているか調べる方法 | Last Day. jp.

エラー発生!

デバッガーでチェックしてみたらさっそくエラー発生。以下のような内容。

More Than One OG URL Specified:Object at URL ‘ http://clockworkapple.me ‘ of type ‘article’ is invalid because it specifies multiple ‘og:url’ values: http://clockworkapple.me, http://clockworkapple.me.

Google先生に聞いてみると、どうやらURLが重複しているということ。なにそれこわいー!

ってことで調べてみたら、僕は以前に「WP-OGP」というOGPのプラグインをすでに導入していたんです。OGPの意味も理解していなかったのに。素人何でもやるからこわいー!

てことで「WP-OGP」を停止したらエラーも解除されました。これで安心です。

参考にした記事

▶WordPressブログの作成時に必ず導入しているプラグイン10選 | バズ部.

▶[WordPress]初心者のためのOGPの設定方法(Open Graph Pro) | Forest of Memory.

▶ブログとFacebookの連携成功からブログパーツ設置までの発狂したアレコレ : りくまろぐ.

関連記事

  1. ビジネス/成功

    Dpubに間に合った!オレガジェデザイン名刺ユーザーが急増中っぽいとか!

    なんか仕事とか人生とか確変に入ってきてるっぽいので、気持も新た…

  2. ブログ

    読まれるブログを書くために、僕が気をつけている2つのポイント。

    書籍とブログの文章は違う。読まれるブログを書くためには…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. Apple/Mac

    iPadやKindle、Xperiaなどのタブレットを生活シーンで比較してみた。…
  2. ライフハック

    僕が毎日「勝手に」やって元気いっぱいになってる7つの健康法
  3. コラム/エッセイ

    <超ネタバレ>『何者』はホラー映画なので心臓の弱い方は……。
  4. Apple/Mac

    持ってない人に教えたいApple Watchのある一日
  5. キャンプ/アウトドア

    手ぶらでランニングから夏フェス・アウトドアを楽しめる「HOLDTUBE」
PAGE TOP