Apple/Mac

iPhoneの主流は「5s」ではなく「5c」になる?目に見えない違いとAppleの歴史。

IPhone5c2

噂どおりに、正統後継機種とされる「iPhone 5s」とカラーが豊富な廉価版とされる「iPhone 5c」が出ましたが、いろいろと情報を眺めていると、Appleはどうやら単純に性能と価格で差別化を図っているわけではなさそうです。

複雑化したラインナップは、ジョブズ亡き後の迷走のように思えてしまう反面で、わかりやすいデザインコンセプトの違いを見ると、かつてのAppleらしい明確な差別化なのでは、というような気もしてくるのです。

シャンパンゴールドの違和感。

IPhone5s1

iPhone 5sからシャンパンゴールドという新色が追加されました。AppleのWebサイトでも、iPhone 5sのトップページはこのゴールドカラーに包まれています。

僕は個人的に、このシャンパンゴールドに代表されるようなAppleのエレガントなデザインが非常に苦手です。

わかりやすく言えば、トランスルーセントの初代iMacやカラフルなクラムシェル型iBookなどの、キッズ向けのようなポップでカラフルな筐体が好きで、現行のMacシリーズのような、クールでスタイリッシュなデザインにはちょっと引いてしまうところがあります。

と、まあ僕の趣味はどうでもいいのですが、それにしてもシャンパンゴールドという日本のガラケーブランドが好みそうなカラーを、デザインには定評があるAppleが、Webサイトのテーマカラーにまでしてしまったことには若干の違和感を感じます。

ここまで高級感を演出する必要があるのでしょうか。

初代iMacを彷彿とさせるカラフルなiPhone 5c。

IPhone5c3

対してiPhone 5cは、丸みを帯びたシェイプも五色のカラーリングも、予想以上にポップで(いい意味で)チープでした。iOS 7のデザインとの絡みもあるのだろうし、昨今の流行でもあるのでしょうが、ここまで淡いパステルカラーにしたのも個人的には意外でした。

そもそもシンプルを信条としているAppleが、廉価版iPhoneなどというものを売り出すということこそが、ジョブズ亡き後の迷走だなどと僕も思っていたのだけど、5sと5cのデザインコンセプトのここまで大きな差異を目の当たりにすると、そうでもないような気がするのです。

ラインナップの複雑化ではなく区別化。

思い出すのは、Appleを追放されたジョブズが1997年に復帰したときに行った「ラインナップの区別化」です。

スティーブ・ジョブズがAppleに復帰して実権を掌握したとき、ニュートンとクラリスの両プロダクトを止めそれまで存在していた多くの機種を整理して4つの製品ラインに集約させた。それは「プロ向」「コンシューマ向」という軸と「デスクトップ」および「ポータブル」といったマトリックスに分類され、そこにはPower Mac G3、 iMac、PowerBook G3そしてiBookといった製品が当てはめられた。引用元: 今見るとなかなか面白い “Apple Spec Chart” – Macテクノロジー研究所.

INote2

このときは、コンセプトが定まらずに複雑化したラインナップを整理することで、ユーザーは迷うことなく製品を選べるようになり、iMacやiBookの爆発的ヒットに繋がりました。

iPhone 5cは新興国のための廉価版ではなく、次世代を担うiMacのような位置づけ?

IPhone5c1

iPhone 5cは「廉価版」にあらず。Jony IveがiOS 7搭載用としての理想を追求したデバイスだ | TechCrunch Japan.』によると、iPhone 5cが途上国に売り込むための安価版だというのは、メディアが勝手に導いた空想だったことがわかります。

Appleは単純に機能と価格を抑えた廉価版で販売台数を伸ばそうとしたのではなく、かつてのiMacシリーズのようなカラフルでポップなラインナップを復活させて、プロ(ヘビーユーザー)向けにiPhone 5sを、一般ユーザー向けにiPhone 5cを用意することで、新しい風を吹きこんでiPhoneの裾野を広げているのではないでしょうか。

iPhone 5sがメインストリームで、その下に位置するのがiPhone 5cなのではなく、両製品ともがコンセプトの違うメインストリームなのです。

むしろiPhone 5cのほうが、かつてのiMacやiBookが担ったようなAppleの顔になっていくのかもしれませんね。

iPhone 5cは予約販売するのに5sはしなかったり、Appleのトップページには5cのみが表示されたり、その他細かいところを見てみても、Appleが5sよりも5cに力を入れているのは明白です。

価格が大幅に下がっているにもかかわらず機能はiPhone5と同等以上のiPhone 5cと、指紋認証センサーや処理スピードの向上などのわずかな進化しかないiPhone 5sとを比べると、ヘビーユーザーの僕もどちらにすればいいのか迷ってきてしまいます。いずれにせよ、もうすぐですね。いくつになっても楽しみです。

【Apple信者必見!】新型MacBook AirはProと統合されて「iNote」になる!? | CLOCK LIFE

 

 

 

 

ジョブズがいなくなっていちばん変わったのは、Appleではなく僕らのほうだった。 | CLOCK LIFE

 

 

 

 

関連記事

  1. 書籍/小説

    【ゼロからのiPhoneアプリ開発 #4】スタート前夜に読む最後の一冊はこれ!

    【iPhoneアプリで稼ごう】丸山弘詩, 川畑雄補, 脇俊済…

  2. Apple/Mac

    Apple Watchってバイク乗りのために作られたんじゃね?ってくらい便利

    今日初めてApple Watch着けてバイクで出かけたんだけど…

  3. Apple/Mac

    長年の夢だったお風呂オフィスがついに実現して大喜びの巻!

    12インチMacBookを買ったので、それまでサブマシンとして…

  4. Apple/Mac

    Apple TVがあると勝手に家族がリビングに集まるよ。

    Apple TVが好きなんですよね。Apple好きなん…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    カートよ、もう泣かなくていいんだよ。オフィシャルドキュメンタリー『COBAIN』…
  2. カメラ/写真

    シロウトでもGRがあればここまで撮れる。俺のRICOH GR2写真集 VOL.2…
  3. こころハック

    「お礼なら、次へ渡してください」ペイ・フォワードですこしだけ世界を明るくする方法…
  4. デジタルツール/Webサービス

    【NoSecondLifeセミナー / クラウド時代のセルフ・マネジメント】に行…
  5. Apple/Mac

    トラックドライバーの僕が歓喜したGoogle Maps for iPhoneの高…
PAGE TOP