『サーモス ソフトクーラー 5L』小さいのに抜群の保冷力にびっくり!ソロやカップルにちょうどいいクーラーバッグ。

DSCN0882

真空断熱魔法瓶の世界的ブランド・サーモスのクーラーバッグを紹介します。

ファミリーキャンプではコールマンの大きなクーラーボックスを使いますが、オートバイ独り旅ではクーラーバッグが活躍します。でもまあボックスタイプと違って保冷性はあまり期待できないんだろうな、と高をくくっていたんですが、さすが世界のサーモス!予想以上にすごいやつでした。

 「サーモス ソフトクーラー 5L」の開封と各部詳細の説明

IMG 9307

▲ Amazonから送付。こちらも以前書いた記事「独り旅に出るためのリスト」から、読者さんが贈ってくれたもの。本当にありがとうございます。

IMG 9312

▲ 容量は5Lで、350ml缶なら6缶、500mlペットボトルなら4本入る、と記載されているけど、無理やり入れればもっと入るよ!

IMG 9308

▲ 最近のアウトドアで流行りのパープルがカワイイ。ロゴもスタイリッシュで、僕が好きなCHUMSの製品みたい!

IMG 9310

▲ 折りたたんだ状態だとこんなにコンパクト。

IMG 9316

▲ サイドがこのようにホックで留められるから、コンパクトにたためるんですね。

IMG 9313

▲ 肩にかけるためのショルダーストラップも付属。

IMG 9319

▲ 広げたところ。薄い底板があるので、開いた状態をキープしておけます。

IMG 9323

▲ 上蓋のメッシュポケットに保冷剤を入れるようになっています。

IMG 9324

▲ 500mlペットボトルは、このように横にして6本(あるいはもっと)入れることができます。

予想以上の保冷力にビックリ!

IMG 9332

▲ 触ってみればすぐわかるんだけど、ポリウレタンだとかポリエチレンだとかの5層断熱構造というやつで、とにかく生地が厚い!今までいろんなクーラーバッグを使ってきたけど、さすがサーモスは作りがぜんぜん違うわ!(今までのやつが安すぎたのかもしれないけれどッ)

IMG 9325

▲ 外側のポケットには、ふだん使わないショルダーストラップを入れてます。

IMG 9334

▲ 底部には小さな足がついているので、アウトドアで直接地面に置いても、生地がスレたり汚れたりするのをある程度防げます。

IMG 9329

▲ 外側も内側も、とにかく作りが頑丈ながら、デザインも本当にスタイリッシュ。

ソロキャンプで実際に使ってみた。

DSCN0767

▲ ソロテント入口に乱雑に散らかったものたちにまぎれて。夏キャンプにクーラーバッグは必須アイテムですよ!

DSCN0627

▲ テントを設営してから、近所のコンビニに買い出しにいったときの様子。このときは、350ml缶ビール3本とウインナー1パックに茶碗蒸し、1Lの氷を買いました。氷の量を少し減らせば、これだけの量が入っちゃいます!

DSCN0883

▲ この日は350mlビール4本に1Lの氷。旅先で保冷剤がなくても、氷を買ってこんな感じに冷やせます。

ちなみに、残った氷と余った食材を入れておいたら、翌朝でもまだ冷たかったですよ。氷もちょっと残ってたし、夕食の残りを冷蔵しておいて翌日の朝食に食べる、なんてときにも使えました。

文句なしにオススメできる超使えるやつ!

オートバイ野宿独り旅のためにいろいろソロキャンプグッズを揃えたけど、それらのグッズの中でもこいつはかなり上位に位置する「独り旅に必要不可欠なグッズ」ですね。

とくにうだるように暑い夏の季節に、冷たいビールと氷があるとないとでは、旅の喜びが大きく違ってきます。僕は、旅先では卵を使うことが多いので、食材の保管としても大変重宝しています。

また家族で海や公園へ出かけるときにも、ドリンクを持っていくのにちょうどいい大きさなんですよね。カップルにもいいかも。

ランチとか入れたり、もうすこし大きいほうがいいかな、と思ったら、他に15Lと20Lのサイズもあったので、今度は大きいのも買ってみようと思ってます。

サーモス/ホームページTOP

購入はこちらから

5L
15L
20L

関連記事はこちら

夏の夜の雰囲気担当はおまかせ!『UCO キャンドルランタン』の炎が美しすぎる。 | CLOCK LIFE*

『OPINEL(オピネル)』120年も愛されつづけるスタイリッシュなフランス製アウトドアナイフ | CLOCK LIFE*