エンタメブログを成功させるために大事な4つの心と正攻法。 #ブロフェス2014

 

ブロガーズフェスティバル2014にて。月間70万PVの映画ブログ『A LA CARTE』を運営する柳下さんの講演を聴いてきました。

映画だけで多くのアクセスを集めるスゴイ人だし、講演テーマが「誰でも出来るエンタメブログの作り方と多くの人が出来てないGoogle+の徹底活用法」だったので、さぞかし綿密でテクニカルなノウハウが披露されると思っていたのですが、フタを開けてみてビックリ!

『A LA CARTE』の根底にあったのは……。

A LA CARTE



 『A LA CARTE』から学んだ普通だけど普通じゃない4つの心

大切なのは心(コンテンツと気持ち)

「A LA CARTE」のブログデザインはとてもシンプルだ。真っ白な背景に、文字は黒。これ以上削ぎ落とすところがないくらいにシンプル。悪く言えば無個性。ふつう。でもそれこそが、柳下さんの無類の個性であり、武器なのだ。

「そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ」

映画ブロガーらしく、ジブリの『魔女の宅急便』から引用したこの台詞が『A LA CARTE』のテーマとなっている。

ブログデザインや美文に気を配るヒマがあったら、大好きな映画についてガンガン記事を書くという、わかりやすく潔いスタイル。

でもこれってさ、そう思っていても難しいんですよね。何よりもコンテンツが重要だ、とはわかっていても、つい他のことに心と時間を割いて、記事がおろそかになっている。読者への気配りより自尊心で動いている。そんなつもりはなくても、気がついたら執筆より環境構築に時間を取られていることが僕もよくある。

「わかってるわ。心のほうはまかしといて。お見せできなくて残念だわ」

『魔女の宅急便』では、上のママの言葉に対してキキはこう応えるのだが、大丈夫。心はお見せできなくても、きちんとブログを通して人々に伝わっている。

普通を貫くという、普通じゃない武器

『A LA CARTE』は、検索にはメチャクチャ強いけど、はてなブックマークが付きにくく、拡散力は弱い。その理由を「書いてあることがあまりにも普通だから」と柳下さんは言う。

たしかに僕らがFacebookやTwitter、はてブでシェアしたいと思う記事って、エキセントリックでインパクトがあって目立つものが多い。

内容のクオリティが高くてタメになる記事でも、地味で「普通な」記事だったら、自分では大切にするけど、他人に薦めたりはあまりしないよね。でもその「普通」こそが、柳下さんの最大の魅力であり強みなんだ。

「チャレンジはしない。奇はてらわない。正攻法でやる」

というのは、スタジオジブリの鈴木プロデューサーの言葉だそうで、これもまた『A LA CARTE』の基本理念となっている。

イケメンになるな!カッコつけるな!

「気持ちをしっかり伝えることが何よりも大事」だと、柳下さんは言う。

冷静で美しい文章を書くよりも、激しい衝動にかられた熱い文章で、自分の思いの丈を伝えよう。ブログでイケメンにはなるな、カッコつけるな、ということだ。

スゴい映画を観たときに「もう!みんなこれ観てよ!ホントスゴイんだから!」と人に伝えたくなる衝動をそのままに、熱く伝える。変にカッコつけてその思いを薄めたりはしない。だからこそ他人の心に届く。僕はけっこうカッコつけて失敗するので、肝に銘じようと思った。

ちなみにこの講演でいろんなことを学んだけど、ひとつだけ選べと言われたら、僕は柳下さんのこの言葉を選ぶ。

「大切な人に言葉を贈るように、心をこめて書く」

月間70万PVのブログにアドセンスが貼られていない!

驚いたのは、これだけの人気ブログでありながら、GoogleAdSense(クリック型の広告)が貼られていないのだ。

「A LA CARTE」レベルならアドセンスを貼るだけで月にウン十万円が入ってくるはずなのだが!

その根底にあるのは、やはり、お金じゃない、ということ。大好きな映画を知ってほしいという強い想いが核にあるからこそ、奇をてらわない、バズるのを狙わない、普通で、良質な記事を書きつづけることができるのだろう。

まあでもその確固たる理念はもう揺らがないだろうから、そろそろ貼ってもいいんじゃないかと(笑)。

『A LA CARTE』から学んで、僕が実際にやろうと思っているいくつかのこと

他にも濃密な講演でいろいろ学んだのだけど、僕がこれから自分のTo Doに変換して、実際にやろうと思っていることをいくつか、参考までに書いておきます。

  • Google+を見直す・活用する
  • Google+にブログページを作成して、日常的に運用する
  • Google+を写真管理として使う
  • 基本的なSEO対策を見直す(心をこめて記事を書くためにも、基本的なことはやっておくということ)
  • 試写会にバンバン応募する
  • 映画レビューの書き方を個人的にまとめる
  • 「思い出のマーニー」を必ず観る
  • ダークナイト三部作も必ず観る
  • 柳下さん主催の映画イベントに参加する

まとめ

外貌もイケメンで爽やかで、プレゼン力があって、実績もある柳下さんだけに、もっとクールでドライな方だと思いこんでいたのですが、そのルックスに反して、じつに熱く、心を大事にする生き方をされている方という印象を受けました。

人生を楽しんで、好きなことを心から愛して、それを恥じらうことなく全力で多くの人に薦める。

そういうのって、ブロガーとしての理想の生き方ですよね。

きっとこういう人っていうのは、映画じゃなくてもブログじゃなくても、人生を謳歌しながら社会的にも成功していくのだろうな、という実感を抱きました。

ちなみに、柳下と書いて「やぎした」さんと読みます。ここ大事らしいのでお間違えなく。

「Edge Rank」という複数ブロガーの共同メルマガもやられていて、こちらでも熱く濃い文章が配信されているので、気になる方はぜひ登録してみてください。

▶ Edge Rank登録フォーム

さて、あまり根詰めて働きすぎずに、今日も映画でも観ようかな。