Apple/Mac

iPhone 6 Plusはでかすぎじゃね?って思うあなたは、Apple Watchのことも考えた方がいい。

applewatchandplus

「あなたはどっち派?iPhone 6と iPhone 6 plusを選ぶべきそれぞれの理由と指針。」なんて記事を書いてみたけど、他のスマホメーカーはともかくとして、それにしても「iPhone 6 Plus」はAppleにしてはおもいきったサイズだとは感じませんか?

今さらだけど、Appleは僕らユーザー(消費者)の要望とか売れ筋とかマーケットとかを気にするような会社ではありません。「他のスマホが大きくなってるから」なんていう痴呆じみた理由で、15センチ以上もある携帯電話を出すような会社ではないってことです。

それこそ僕のような凡人には想像もつかない斬新で深いビジョンがあるのだと信じたいところだけど、とりあえず今日の発表から推測できるのは、iPhone 6 Plusは、単独での使用も可能だけど、Apple Watchと併用してこそ真の価値を発揮できるデバイスなんじゃないの?ってこと。

Apple Watchは、だいたいのiPhone純正アプリをコントロールできるっぽい。Watchでの通話はもちろん、メッセージ、マップ、音楽の再生、カレンダー、Apple TVのコントロール、アラームなど、Siriを使えば僕らが思っているよりずっと快適に使えるかもしれない。

そしてWatchが快適であればあるほど、優秀な製品であればあるほど、今後iPhoneを手に持つ機会は減っていくのだ。

大画面を必要としないアプリなら、腕にはめた小さな端末を指でちょちょいといじるか、昔のSF映画で観たみたいに腕に向かって話しかけるだけで使えてしまうんだもの。わざわざポケットやカバンからiPhoneを取り出す必要はないんだから、iPhone自体が大きいことに日常的な問題はないよね。むしろ大きいほうがいいかもしれない。

リラックスして座れるところでは、Plusの大画面でビデオや写真を観たりゲームを楽しんだりFacebookを眺めたりすればいい。その他の忙しない時間は、これまでiPhoneでやっていたことをWatchでよりすばやくこなせばいい。

Watchがあれば、シャワー中に電話に出ることができるかもしれない。ランニングしながらスケジュールを確認したり、赤ちゃんを抱っこしながら音楽を再生したり、オートバイで走っているときに曲がるところを教えてくれるかもしれない。その間iPhoneはカバンかポケットに入っていればいい。

将来的にそういう使い分けのビジョンがあるからこそ、こんなバカでかいiPhoneを出せる、って踏み切れたんじゃないの。クックやアイブがジョブズの魂を継いでるなら、って話だけど。

Apple Watchにはまだまだ未知な部分が多いけれど、iPhoneやiPadに次ぐくらいに、僕らの生活を大きく変えてくれそうな予感がありますね。楽しみだ。

備えあれば憂いなし!iPhoneを紛失したら、すぐにやるべき5つのことと、事前に気をつけておくべきこと | CLOCK LIFE*

僕がiPhoneを紛失してから戻ってくるまでにやったことまとめ | CLOCK LIFE*

関連記事

  1. iOSアプリ

    iPhoneだからこそ楽しめる、とびきりクールなゲーム5選。

    iPhoneではほとんどゲームをしないのだけれど、ときおりとて…

  2. Apple/Mac

    AirMac ExpressとExtremeの違いと電波の拡張。

    AirMac Expressを新調した。これで3代目だ。そろそ…

  3. Apple/Mac

    落としても大丈夫!iPhoneを傷、割れから護る強化ガラスフィルムが最強だ!

    iPhone 5sを購入して、待ち望んでいた純正ケースも手に入…

  4. 音楽

    もう何を聴くか迷わない。好みのアーティストから新しい音楽に出会う旅『Jango』

    『Jango』を一言であわらせば「その日の気分にあった音楽を自動で流し…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ラジオ

    ラジオ間違い電話(仮)Vol.6「every child has a beaut…
  2. Apple/Mac

    恋人にも家族にも!洋邦楽のクリスマスソングが聴き放題の厳選iPhoneアプリ3つ…
  3. Apple/Mac

    旧MacBook Pro(13inch, mid2010)のアダプタでMacBo…
  4. グルメ

    誰にでもできる!おしゃれでアメリカンなBBQドリンクまとめ
  5. デジタルツール/Webサービス

    自分の好きなことをストレートに発信できる場所としてのWEBマガジン
PAGE TOP