こころハック

その日、天使は南の島からやってきた。

IMG 0856

中島らもは「その日の天使」がいると言う。

絶望的な気分におちている時には、この天使が一日に一人だけさしつかわされていることに、よく気づく。
こんな事がないだろうか。暗い気持ちになって、冗談でも”今自殺したら”などと考えている時に、とんでもない友人から電話がかかってくる。あるいは、ふと開いた画集かなにかの一葉によって救われるような事が。それは その日の天使なのである。

___『恋は底ぢから』中島らも

IMG 0854

その日、天使は航空便でやってきた。

僕は絶望的な気分におちていたわけではないし、冗談でも自殺なんて考えていなかったけれど、ひどくつかれていた。

いろんなことがあって、人生の転換点をむかえて、新たに走りだしたのはいいんだけど、僕の心身は思ったよりも疲弊していて、思ったように動けない自分に歯がゆさをおぼえて、思いどおりにいかない毎日につかれていた。

IMG 0861

航空便の箱をあけると、部屋じゅうに南国の香りがひろがった。葉を編んだ籠にキャンドルとシーソルト。そこにどこまでもハワイな絵柄のポストカードがそえられていた。

IMG 0859

とどいたのは気持ちだった。送り元はホノルル。差出人は旧い友人。パイナップルの甘い香りを胸に満たしながら、僕の瞳から涙がぽろぽろこぼれおちた。

高校のひとつ上の先輩。バスケ部で同じコートを走った仲間。卒業してから数年たって同窓会で再会したとき、彼の笑顔はあの頃とちっとも変わっていなかった。

彼は僕が暗い穴に墜ちていたことをブログで読んでくれたのだろうか。あるいは以前書いたキャンドル入浴の記事を憶えていてくれたのだろうか。いずれにせよ彼は、僕がそういうことを気にしないでいいように、なんでもないメッセージをそえてくれる。彼のやさしさは、あの頃とちっとも変わっていない。

IMG 0864

勝手にひとりぼっちな気持ちになって、勝手に暗い部屋に閉じこもったあの日から、僕のスイッチはオフになったままだった。それはどこかで心地よくもあったけど、このままではいけないこともわかっていた。どこかでスイッチを入れなければ、僕はこのまま死んだような瞳で生きていかなくちゃならない。

南の島からやってきた天使は、音もたてずにスイッチをオンにする。はるか6000kmの彼方から届いたパイナップルの香りは、僕をふたたび立ちあがらせてくれた。明日からもまた、笑顔でやっていけそうな気がした。

生きた人間のすることじゃないのよ、悲しみ続けるのは。

___『ガダラの豚〈2〉』中島らも

▶ island soap&candle works

オススメの関連記事

朝掘った穴を、午後埋める。もし毎日がそんな究極の拷問だったら。 | CLOCK LIFE*

お手軽なのに超快適リラックス!お家でキャンドル入浴のススメ。 | CLOCK LIFE*


関連記事

  1. こころハック

    大好きなラーメンは味がしなくて、愛する海は鉛色に見えた。【鬱日記3】

    ◀ 自分が何をやりたいのかすらわからなくて、僕は下着を脱いだ。【鬱日…

  2. コラム/エッセイ

    ハリルホジッチは理想のパパ!子どもに「わかりやすい」という大切さ

    ハリルホジッチ新監督やりましたね!昨日行われたJALチャレンジ…

  3. こころハック

    ある朝会社へ行ったら、涙があふれてとまらなくなった。【鬱日記1】

    その朝は突然やってきた。夏を告げる雨の季節。僕はいつものように庭で家…

  4. こころハック

    誰に強制されたわけでもない、自分で決めたスケジュールの罠。【鬱日記6】

    ◀「あのときと同じだよ」と彼女は言った。【鬱日記5】僕の日課はこうだ…

  5. こころハック

    ネットの中からガンバレって言っている。聞こえてほしい、あなたにも。

    僕の知人で、おもしろいSNSの使い方をしている人がいる。…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ライフハック

    2014年に飛躍したい人限定!一年を走り抜けるために心技体のバランスをキープする…
  2. Apple/Mac

    無料メンテアプリ『OnyX』でMacの大掃除をする3ステップ
  3. ライフハック

    「週末だけサマータイム」で、大好きな夏をめいっぱい味わおう。
  4. デジタルツール/Webサービス

    ネットラジオはじめました「ラジオ間違い電話(仮)」
  5. 夢を叶える

    僕の脳に直結したアナログな電脳メモ帳
PAGE TOP