最高のアウトドア・コーヒーを飲むための、たった二つの道具

Camp Coffee
Camp Coffee / RichardBH

登山でもファミリーキャンプでもバイク野宿旅でも、何かと便利なシングルバーナー。

僕は最も有名なプリムスのウルトラバーナーを持っていて、おおむね気に入ってるんだけど、これには欠点が2つ。

  • 携帯用ガスカートリッジが手に入りにくて、かつ高い
  • ゴトクの位置が高いので、安定せず危険(大きなパーコレーターとか載せられない)

プリムスはもともと登山用で、携帯性重視なんでしょうがないんだけど、もっと使い勝手のいいやつ見つけちゃいました。

SOTO レギュレーターストーブ ST-310


SOTOのレギュレーターストーブなら、上記の問題をすべて解決。

一般的なカセットコンロで使うカセットガスを使用するので、どこでも手に入るし、価格も安い。

 

カセットを横に倒して装着するから、ゴトクの位置が低く、大きな鍋やフライパンを載せても安定しています。


これならパーコレーターも使える!

morning coffee
morning coffee / y_katsuuu

パーコレータは、ペーパーフィルタを使わずにコーヒーを煎れる器具で、アメリカの西部開拓時代に活躍した。

ガンガン沸騰させて抽出するコーヒーなので、風味が損なわれちゃう欠点もあるけど、熱々なのでアウトドアでは特に好まれる。っていうか、この独特の風味がアウトドアっぽくていい。村上春樹さんの小説にも出てきますね。


このSOTOのストーブとパーコレータがあれば、しんと静まりかえった夜の森でも、まだ誰も起きていない新しい朝のビーチでも、最高のコーヒーを味わうことができちゃいます。


ストーブは折りたためば小さくなるから、パーコレータの中に入れて持ち運びも可能。

外で飲むコーヒーって、なんでこんなに美味しいんでしょう♫