不倫はゲスじゃない?本当は幸せになれるゲス度チェックリスト10

心屋仁之助さんによると、世の中には「ゲスな女」「頑張りすぎる女」がいるそうです。

一般的には、ゲスな女ってイメージ悪いけど、真のゲス女は「自分に正直で素直で自由な女」なので、みんなに愛されて幸せになれるんです。めちゃくちゃ家族にいじめられてるのに舞踏会に行っちゃう自由なシンデレラのように。

先日心屋さんが出演したテレビ番組のサイトに、「ゲス度チェックリスト10」というのがあったので、自分が「ゲス」なのか「がんばりすぎ」なのかチェックしてみてください。男性でもだいたいの感じはつかめると思うのでぜひ。

ゲス度チェックリスト10

当てはまる項目が多ければ多いほど、自分らしく自由に生きて幸せになれるゲスデレラだということです。

①人に甘えられる。「できない」って言える

②弱みをさらけ出せる

③人目は気にしない。自分が好きなことは反対されてもやる!

④モノをもらっても、お返ししない

⑤「私だから大丈夫」という根拠のない自信がある

⑥前から約束していたことを、当日になって理由もなくキャンセルできる

⑦ワンピース、スカートなど女らしいフォルムのカッコが大好き

⑧値札を見ずに洋服が買える

⑨やりたいことは我慢せず、遠慮せずにやれる

⑩堂々と仕事をサボれる

頑張りすぎチェックリスト10

当てはまる項目が多ければ多いほど、世間の常識やルールを守ってしんどい生き方をしている「がんばり屋」の主人です。

①人に甘えられない。自分でどうにかしようと頑張る。

②人に弱みや短所を言うと負けた気がするから、言えない

③人の評価や批判、意見が気になり、振り回されることがある

④モノをもらったら、「何か返さなくては」とすぐに買いに行く

⑤「どうせ、ダメかも……」と、自信がなくなることが多い

⑥約束は、よほどのことがない限り、必ず守る。遅刻するのも論外

⑦気がつけば、パンツスタイルが多い

⑧「この服が着たい」とトキめいても、結局はもっと安い無難な服を買ってしまう

⑨やりたいことがあっても、年齢、経験などいろんな言い訳が頭をよぎり、やめてしまう

⑩仕事があれば、残業しても、徹夜してもがむしゃらに頑張るのは当たり前

こうやって見比べてみると、不倫してゲスの極み呼ばわりされてるあの人気女性タレントさんは、どっちかというと「がんばりすぎ」のほうだと思いませんか?

真のゲス女だったら、不倫なんてめんどくさくてリスキーなことしないで、もっと楽ちんに幸せになるはず。がんばるのもいいけど、がんばりすぎるとパンクしちゃうからほどほどにね。竜さんはそんなあなたも応援してます。

フジテレビ公式サイトでは、ゲス度をパーセンテージで表示してくれたり「幸せになれるゲス」についても詳しく載ってます。→ 2016年幸せになれる!?生き方:ゲスな女こそ愛される!?

▶ そうだ、竜さんに話してみよう