映画

映画『バードマン』は終わっていなかった?あるいは(ドジすぎるキートンがもたらすアカデミー賞の奇跡)

個人的に、ここ数年で一番刺さった映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

村上春樹さんも絶賛してましたねえ。

で、アカデミー賞4部門(作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞)を受賞したんだけど、けっきょく俳優陣は誰もオスカーもらってないんですな。

エドワード・ノートンの怪演もエマ・ストーンの存在感もあっぱれだったし、主演のマイケル・キートンはもう「これやってもらえなかったらいつもらえるの?」という感じで、最有力候補だったはず。

それなのに結局は、エディ・レッドメインという、若くてイケメンなイギリス人俳優に持っていかれちゃった。

そんなアカデミー賞の哀しい夜の奇跡が、ネットに転がっていたんです。


この映像、「今回は絶対俺だ!」と信じ切っていたマイケル・キートンが、落選を知った直後に、受賞スピーチの紙をタキシードのポケットにさりげなくしまうところ

ネットでは「哀しすぎる瞬間」として取りあげられてたけど、『バードマン』のこってりとした皮肉のオンパレードを味わった僕としては、キートンのドジとは思えないんですよねコレ(笑)。

ここまで含めてバードマンなんじゃないの?なんて邪推しちゃう。カメラクルーと打ち合わせして、タイミングとって映りよくちゃんと撮影したんじゃないかと。

まあ、それはないだろうけど、そうであっても不思議じゃないくらいに、映画本編と同じ流れで、これこそまさに(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の映像ですよね(笑)。

この映画って、後でよくよく考えてみると誰もハッピーじゃないんです。芸術に携わる登場人物の誰もが、どこかイカレてて、幸せになってない。そしてその誰をも、痛切にブラックに皮肉ってる。おそろしい映画です。

ぼかあこんなキートンが愛おしいですけどねえ。

参考:アカデミー賞逃したマイケル・キートン、スピーチの紙を隠す姿が悲しすぎると全米が涙 – AOLニュース.

『バードマン』関連記事

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』正直でリアルなレビュー(ネタバレないはず)・あるいは胃が痛くなるほどの臨場感と爽快な感動 | CLOCK LIFE*

映画『バードマン』超ネタバレ!ラストシーンに隠されたライラックの謎とホイットマンの詩について | CLOCK LIFE*

予告編

⬇️ここまで読んでくれた人は、TwitterやFacebookでシェアしてくれたら、おいちゃん嬉しくって涙が出ちゃうぜ

関連記事

  1. 映画

    映画『新宿スワン』感想・レビュー/劇中で実際に着た衣装が展示されてたよ!

    原作の大ファンなので『新宿スワン』見てきましたよ!公式…

  2. キャンプ/アウトドア

    仕事なんて放り出して、冒険に出たくなるワクワク映画ベスト3

    夏だー!アウトドアだー!冒険だー!ということで、ライターをやら…

  3. 映画

    2週間無料で見放題!2015年お正月にオススメのhulu映画・ドラマ12選

    「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の舞台って201…

  4. コラム/エッセイ

    いちばん怖いのは、夢が叶うことなんだろ?『8 mile』

    『8 mile』って、世界的ラッパー・エミネムの生い立ちみたい…

  5. 映画

    そしてスカーレットのまわりからは誰もいなくなった。『風と共に去りぬ』

    『風と共に去りぬ』や『風立ちぬ』の「ぬ」は、過去完了の助動詞で…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    ぐやじいけど完璧。
  2. Apple/Mac

    スゴイ進化は目に見えた!『iPad Air 2』開封とiPad3との比較
  3. こころハック

    「ありのままでいいんだよ」って言う僕は、ちっともありのままじゃなかった。
  4. 映画

    生きてるってただそれだけで素晴らしい。ブリタニー・マーフィーの歌声を僕は永遠に愛…
  5. ブログ

    ブログを早く書くコツ「ひとの「感じ取る能力」ナメたらあかんで」
PAGE TOP