名言

「彼の頭の中にはとにかく余計なものがいーっぱいついてるのよ。障害うんぬんの前にね」リアル (6)

バスケ部のキャプテン・高橋は、交通事故で下半身が麻痺してしまい、もう一生歩くことができない身体になってしまう。車イス生活のためのリハビリが必要なんだけど、やる気が出ないのでそれもサボりがち。

リハビリセンターの先生が言います。

「彼の頭の中にはとにかく余計なものがいーっぱいついてるのよ。障害うんぬんの前にね」

イケメンで女にもモテて勉強もできて、ちょっとワルいこともやって、生徒たちのヒエラルキーの頂点に近いところで余裕かまして生きてきた高橋は、それまで他人をA〜Eみたいにランキング付けして見下して生きてきたんだよね。

だから、歩けなくなった自分はEランク以下だと勝手に決めつけて、勝手に他人の目から自分を見下して、責めて、苦しくなってる。

高橋じゃなくても誰だって、悩んだり、アクティブに行動できなかったりするのって結局、頭の中に余計なものがいーっぱいつまってるんだよね。つまってたら、すばらしい本も教えも言葉もなーんも入ってこない。

そんでその「余計なもの」ってたいがい、「他人から見た自分」のこと。障害とかなんとか、目に見える問題じゃなくて、自分が他人からどう見られてるかばっかり気にしてるから。僕らは他人を見上げて、見下して生きるようにチューニングされてきたんだからしょうがないけどさ、そろそろそういうの取っぱらっちまったらいいよね。

⬇️ここまで読んでくれた人は、TwitterやFacebookでシェアしてくれたら、おいちゃん嬉しくって涙が出ちゃうぜ

関連記事

  1. コラム/エッセイ

    ちょっとの毒なら。

    ちょっとの毒なら「ボクらの時代」って対談番組が好きでよく見てる…

  2. グルメ

    あの花風かき玉塩ラーメン、僕達が知らない想い出をそえて。

    『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』というアニメに出て…

  3. コラム/エッセイ

    楽しいことも哀しいことも半分ずつあるのに、どうしたら楽しいことだけ増やせるんだろう?

    山登りに興味が出てきたので、ひさしぶりに映画『岳』を見て、原作漫画も読…

  4. 映画

    忘れられないメシがある。忘れられない人がいる。『極道めし』80点

     この映画を見終わった後には、すべての食べ物がおいしくなる。…

  5. こころハック

    「あの花」が教えてくれる罪悪感を、僕達はまだ知らない。

     (画像:Amazon)人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知ら…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. コラム/エッセイ

    日本がブラジルで勝てなかったのは、メディアに踊らされた僕らのせいだ。
  2. コラム/エッセイ

    僕の一月は幻だったのか。just like starting over. [ 日…
  3. Apple/Mac

    Apple Musicで「雨」や「夏」の音楽を聴こう。
  4. ライフハック

    商売道具を磨くことは、あのとき掲げた夢を磨くこと。
  5. ガジェット/家電

    MacBookに最低限必要なハブ「ANKER Premium USB-C Hub…
PAGE TOP