「お礼なら、次へ渡してください」ペイ・フォワードですこしだけ世界を明るくする方法

under my umbrellaunder my umbrella / TheAlieness GiselaGiardino²³

 

いじめによる中学生の自殺事件や利権の絡んだ原発問題など、あいかわらず暗いニュースが溢れている昨今、一人の人間として、また人の親として、自分にも何かできることはないか、と青い空の真下で思うことがままある@RKlock_です。

今日は、2000年に公開されたアメリカ映画『ペイ・フォワード』(原題・Pay It Forward)を紹介します。『シックスセンス』で有名になったオスメント君が主演して、日本でもヒットしましたね。

個人では世界を変えることはできないかもしれないけれど、もしかしたら少しくらいは世の中を明るくすることができるかもしれない。

そしてまた、自分自身が最高にハッピーになれるかもしれない。なんていう、ステキな運動のお話です。

「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」

Pf2

担任の教師にそう問われた中学一年生のトレバーは、「ペイ・フォワード」を思いつきます。

それは、他人から受けた親切や援助、善意や思いやりを、そのしてくれた人に返すのではなく、3人の別の人間に渡す、というシンプルなものです。

「恩返し=ペイ・バック」ではなく「先へ支払う=ペイ・フォワード」

恩返しでは当事者間で完結してしまう「善意の交流」も、外へ向ければどんどん広がっていきます。理論的には、「思いやり」がネズミ講式に広がる仕組みです。

Pf1

「お礼なら、次へ渡してください」

Thank You
Thank You / nateOne

具体的には何をすればいいのかって?簡単です。

誰でもいいから、自分じゃない誰かのために、ささやかな思いやりを届ける、たったそれだけでいいんです。大それたことをする必要はありません。

世話になっている人にお礼を言う、妻の家事を手伝ってあげる、亭主の肩を揉んであげる、タクシーを譲ってあげる、子どもをたくさん褒める、悩んでいる友人にメールを書く、ビーチのゴミを拾う、などなど、自分ができる範囲の「思いやり」を行動に移してください。もちろん、もっともっと大きな親切を行ったってかまいません。

ただし、誰かにお礼を言われたら、必ずこう言ってください。

「お礼なら、次へ渡してください」

と。

いちばんの幸せは、あなたに訪れる。

Casey holding a  gift
Casey holding a gift / ktylerconk

「プレゼントが嬉しいのは、もらった人よりあげた人」

と、どこかで誰かが言っていました。

親切は、されるよりする方が気持ちのいいものです。逆に、誰かに傷つけられるよりも誰かを傷つけることのほうがつらい、という言葉もありますよね。

誰かに何かをしてあげる、という行為に見返りを求めると、それはたちまちのうちに「自己愛」に堕落します。

「思いやりを次へ渡し、どんどん広げていく」というペイフォワードの考え方には、見返りがありません。見返りを求めない思いやりは、それを行う本人にこそ、素晴らしい感情をプレゼントしてくれるのです。

誰かに「思いやり」をもらったら?

タイトルなし
Maco@blue.sky

他人に親切にされたり、思いやりをもらったら、もちろん素直にお礼を言いましょう。

そして次へ渡すのです。できれば、その旨を伝えましょう。

「どうもありがとう。ご恩は次へ渡します」

世界は、隅々まで繋がっています。部屋の書棚の裏にも、海辺の砂の一粒一粒にも、ヒマワリの茎のまわりにも、水が染みいるようにして、世界はひとつなんです。

見返りを求めないあなたの気持ちは、必ず別の形で返ってきます。

くしくも今日は僕の37回目の誕生日です。もし、お祝いの気持ちをいただけるのなら、まずはそれを次に渡してみてはもらえないでしょうか。

今日一日、笑顔でいてください。怒らず、悲しまず、文句を言わず、笑ってすごしてください。それが世界に対するいちばんの「思いやり」です。

参考サイト

ペイフォワード ~Pay it Forward~『次へ渡そう』運動:あなたにも世界は変えられます

 

 

 

関連記事

【言の葉】「すべての人にすこしだけユーモアを」メグ・ライアン | KLOCKWORK APPLE