こころハック

【あしたのために】運動しないことは憂鬱になる薬を服用しているのと同じようなものだ


ハーバードの学生達が殺到した超人気講義を担当していた心理学博士タル・ベン・シャハーは

「運動しないことは憂鬱になる薬を服用しているのと同じようなものだ」

と言っています。運動はストレスを解消し、心身を活性化し、やる気を出してくれます。「仕事をしているヒマがあったら身体を動かせ」と言った人もいました。
ということで今回は身体を動かすことの重要性について。


以下、ハーバードの人生を変える授業より僕のメモ。

  • 心の健康は大いに運動と関係する。
  • うつ病と診断された患者の大半にとって、週3回、一回30分間の運動を行うことは、抗うつ剤を服用するのと同じような効果がある。しかも薬物治療を行ったほうの患者は、運動療法を行った患者に比べ、4倍もの割合でうつ症状を再発しやすい。
  • 人間は身体を動かすようにできている。一日中コンピュータの前に座りつづけたり、何日も会議を続けたりするようにはできていない。
  • 運動には、自己評価や思考力・免疫力を高める、寿命をのばす、よりよい睡眠が得られる、よりよい性生活を行えるといった副次的効果がある。
  • うつ症状に悩んでいる場合、もしくはただ単にもっと幸せになりたいというだけの場合でも、この「運動する」という「驚異の薬」をもっと服用すべきなのです。

「運動は医者にとって夢のような治療法といえるでしょう。運動は、うつ病に深く関連する不安やパニック障害、そしてストレス全般に効果があるのです。運動は、精神疾患の最も重要な薬と同様の効果があるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンといった神経刺激伝達物質の放出を促します。ひと汗かくことは、適量のプロザックやリタリン(代表的な抗うつ剤)を服用するようなもので、心身を正常な状態にしてくれるのです」
___ジョン・レイティ(ハーバード医学部精神科教授)

「運動のみが魂を支え、そして精神を高揚させる」
___キケロ(古代ローマの哲学者)

関連記事

  1. こころハック

    成績が20%悪くて「幸せな人生」と、成績が30%良くて「苦しい人生」。

    こんなニュースを見かけました。ざっくり説明する…

  2. コラム/エッセイ

    外に出てみたら、あったかかった。ただそれだけのことだった。

     僕は夏男なので、寒くなってくると朝気持ちが上がらなくなってくる。…

  3. ライフハック

    腹八分にしておけば、胃袋のすき間に幸せがやってくる。

    象の神様は言った。「腹八分はささいなことに見えるかも分から…

  4. 夢を叶える

    三日坊主の僕が半年以上もランニングを続けられている理由

    作年の11月からランニングを始めて、5ヶ月で5kgの減量に成功…

  5. ライフハック

    小さなやかんと大きなやかん__明日使えない知識を沸かす。

    (写真は本文と関係ないっす)村上春樹さんが、勉強と知識の種…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. Apple/Mac

    MacBookにハードシェル装着&ステッカーチューンでアウトドア仕様に!
  2. ガジェット/家電

    iPhoneの防水タフケースがあると、いつでもどこでも写真が撮れて楽しいね。
  3. ライフハック

    お酒を飲まないと24時間シラフでいられるんだよ!人生をより楽しむために断酒スター…
  4. キャンプ/アウトドア

    誰でも簡単!煙突効果でほっといても炭火を起こせる火起こし器セット
  5. キャンプ/アウトドア

    超軽量コンパクト『Helinox チェアワン』のクールすぎるタイガーストライプ迷…
PAGE TOP