Apple Watchスポーツモデルがクールなメタルウォッチに進化する

R0002403

Apple Watchはミッキーかミニーのフェイスが好きなんだけど、スポーツモデルだとラバーバンドがどうしても日常の装いにフィットしないんですよ。

純正のバンドを買おうかとも思ったんだけど、やたら高価なわりに好みに合わないので、吟味して他社製のメタルバンドを買ってみました。

シンプルなスポーツモデルがスタイリッシュなメタルウォッチに

デジタル表示で機能最優先のスポーツウォッチとして使う人はいいけど、ぼくはどちらかというとファッションの意味合いが大きいので、ラバーバンドはちょっと安っぽい。

R0002335

ということで購入したのが、こちらのステンレス製メタルバンド。

R0002330

実売価格2,580円とは思えない重厚な質感。元値が一万円前後なのは本当なのか、それとも販売戦略なのかはわからないけど。

R0002306

ぼくのApple Watchの筐体はアルミニウムなので、ステンレスとは見た目が合わないかと心配していたけど、まったく違和感なくマッチしている。言わなきゃわからないでしょ。

R0002310

Apple Watch本体下部の傷は、いつかママちゃんがどこかにぶつけてつけたもの。ぼくは傷とかあまり気にしない。というかむしろ気に入ってる。友人がはめていた親父さんの形見の傷だらけのオメガがとてもクールだったので、それを見て以来、腕時計や身につけるものは、傷ついているほど愛されてきた証だと思っている。

R0002315

ベルトやバックルにオメガやロレックスの高級感や精巧さはもちろんないが、かといって安っぽさも感じられない。

R0002316
R0002326

R0002348

以前はアップル好きとして割りきって使っていたApple Watchだけど、これなら日常の装いとしても気持ちよく使えそうだ。

R0002331

デフォルトではベルトが長めになっているので、自分で調整する必要があるのがやや面倒なのと(調整工具が付属している)、外箱や梱包がちょっと粗雑なのが難点といえば難点だが、そういう部分で価格を抑えることで、本体はしっかりつくられている、と言えなくもない。

シルバーやローズゴールドなどカラーバリエーションも豊富なので、純正バンドに飽きた人は、こういうので遊んでみるのも楽しいかもしれない。くれぐれもサイズをお間違えなきよう。