リボンタイヤでクラシカルに蘇った沈没船ダックス号

R0006295

中学の同級生・ゴスケがやってる「ガレージ沢平」に入院してた25年ものの沈没船ダックス号が早くも帰ってきた。ゴスケ仕事が早い!

ちょっと見てよこの仕上がり。ホントビックリしちゃった!

あえてボディの剥げた塗装はそのままに、パーツだけ綺麗にしたもんだから、いい味が出ちゃってるじゃないの。

IMG 5352

▲ シートがまたクラシカルなデザインなので、七十年代の初期のダックスみたいでしょ。

R0006285

▲ 前に付いてたやつ。シートがビリビリに破れてたから、ホームセンターで生地買ってきて自分で張ったんだよなこれも。

R0006283

▲ 裏なんてタッカーで打ち込んでガムテープで補強してるっていうね笑。

IMG 5353

▲ 何がカッコいいってこのリボンタイヤ!ゴスケ所有のものを付けてくれたんだけど、白いリボンが太くてクラシックでカワイイじゃんねー。

R0006288

▲ 25年もののホイール。まさに沈没船のよう。

R0006289

▲ ウィンカーも小ぶりなものにチェンジ。

R0006297

▲ 他にも、化石化してたエアフィルターとかコイルとか見えないところも換えてもらって、がっちり生まれ変わっちゃったよ。

すんごいのがエンジンでね、ここ数年乗ってなかったっていうのに、整備したらすんなりかかっちゃうっていうホンダの底力!

さっそく近所をトコトコ走ってみたけど、原付ってやっぱ気楽でいいわあ。

流れの速いR134とかは250ccのほうが楽だけど、茅ヶ崎の狭い道をのんびり走って、ラーメン食いにいったり図書館いくのには、ダックスくんがぴったしだよ。

いやあマジカッコいいなあ。嬉しいなあ。屋根付きのガレージほしくなるね。ゴスケありがとう!

IMG 5349 1