ネットで「落とし物をした届出(遺失届)」を申請する方法

 

先日iPhoneを紛失したとき、「落とし物をした届出(遺失届)」を申請したのですが、警察署へ足を運ぶ時間がなかったので、インターネットから申請してみました。

僕は神奈川県の警察に申請しましたが、最近はいろんな自治体でインターネットによる申請ができるようなので、参考までに申請方法を紹介します。

遺失した場所が不明だったり、都道府県をまたいでいる可能性がある場合などには、どこかの警察署に届出を申請すれば、手続きは完了するので、わからない場合でも申請しましょう。

ネットで「落とし物をした届出(遺失届け)」を申請する方法

1.神奈川県の申請・届出ページにアクセス

lost1

神奈川県の「申請・届出メニュー」にアクセスして、「申請・届出をする」をクリック。

2.遺失届を検索する。

lost2

検索条件に「遺失届」と入力して検索し、結果一覧に表示された「落とし物をした届出(遺失届)」をクリックする。

3.手続き詳細を確認して、電子申請を開始する。

スクリーンショット 2014 04 11 5 32 27

手続きの概要や受付期間などを確認してから、「電子申請を開始する」をクリックする。電子届出は、夜間や休日には処理を行わないので、急いでいる人は直接警察署や交番で届出しましょう。 

4.利用者IDを登録するか、ログインする。

スクリーンショット 2014 04 11 5 32 54

以前に電子届出を行ったことがある人はログイン。初めての人は利用者IDを登録しましょう。

5.遺失届出書を新規に作成する。

lost4

「新規」をクリックして、届出書を作成する。

これ以降の操作で、ブラウザの「戻る」ボタンや「BackSpace」キーを使用すると、セッションエラーとなり、しばらく操作ができなくなってしまうので注意しましょう!

lost7

6.遺失届出書に必要事項を記入して届出

lost5

届出者氏名や遺失年月日、遺失場所など、できる限りたくさんの情報を入力して申請します。

届出をする日時にもよりますが、数日中にシステム登録のメールが来ますので、あとは指示に従って、ひたすら見つかるのを待ちましょう。

備えあれば憂いなし、ということで、まずはなくさないように注意したいものですね。

備えあれば憂いなし!iPhoneを紛失したら、すぐにやるべき5つのことと、事前に気をつけておくべきこと | CLOCK LIFE*


iPhoneを紛失する前に!『Final Shout』で電源が切れる直前に位置情報を送れ! | CLOCK LIFE*


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です