【ダイエット】8月までに10kg痩せるために決めたいくつかのこと#3 / iPhoneアプリ

体調・フィットネス管理に使っているiPhoneアプリを紹介します。


いろいろ使いまわした挙げ句に辿り着いたのがこの3つ。


RunKeeper

ランニングのデータをiPhoneとwebで管理できる楽しいアプリ。

基本的な機能はこちら。

  • 走り始めるときに「START」を押して走り終えたら「STOP」を押すだけの簡単操作
  • GPSで走行スピード、走行距離、走行路を自動で記録して自動でwebサイトに送信
  • 設定したプレイリスト(iPod)を自動再生
  • TwitterやFacebookにデータを自動送信
  • 体重管理アプリ(weighty)やハートレートモニタと連動
  • ロゴやカラーリングがかっこいい


↑RunkeeperのWebサイト

とにかくすべてが自動で、ボタンを押して走るだけなのに走った場所が地図に表示されたり、一ヶ月にどれだけ走ったかを教えてくれたり、近所のランナーを教えてくれたりと、至れり尽くせりなアプリです。
他にも同種アプリはいくつかあるけれど、僕はずっとこれ使ってます。
 < スタート画面
 < プレイリストを選択


カロリー管理

毎日の体重や摂取カロリーを記録できるアプリ

基本的な機能はこちら

  • 細かい基礎代謝計算、細かいカロリー入力ができる
  • 目標体重と達成日を設定して毎日の理想摂取カロリーを把握できる
  • 有名外食チェーン店のメニューから摂取カロリーを入力できる
  • 1日の摂取カロリー目安から、あとどれくらい食べられるかすぐにわかる

体重・カロリー管理系アプリはいくつか渡り歩きましたが、これがベストだと思います。設定や項目がとにかく詳細で便利です。FBやTwitterと連動すればなおいいですね。

< 入力画面
 < 選択画面


Weighty

体重と体脂肪をRunKeeperのwebアカウントに送信するだけのシンプルなアプリ。

  • RunKeeperサイトでランニングと体重を一括管理できるので便利
  • アイコンがかっこいい
  • かんたん!

 < 入力画面

【まとめ】

最近は忙しさにかまけてRunKeeperで走ってWeightyに体重を入力するだけになっていましたが、きちんとダイエットしたい人にはカロリー管理をオススメします。

一時期流行った「レコーディングダイエット」と同様に、毎日どれくらいのカロリーを摂っているのか、目標体重のためにどれくらい食べられるのか、この食べ物はどれくらいのカロリーなのか、ということを常に忘れないでいることで、毎日継続的に体調管理ができるんですよね。

僕の場合、このアプリに入力するのを忘れたり面倒になってやらなくなると、すぐに1kgくらいしっかり太ります。

【学んだこと】

ダイエットに強靱な意志は必要ないけど、習慣を継続するツールは必要だねえ、ってこと。