三十九歳の僕がゴールデンウィークをすごす四つの選択肢。[ 日刊CL*91 ] 2014/05/01

IMG 6658

あらためて考えてみると、日本における一年の休日の構成というのはわりとよくできていて、五月あたりになると、僕らは精神的にも肉体的にもある程度の長期休暇が必要になってくるみたいだ。

そんなゴールデンウィークのすごし方は人それぞれだろう。

外へ出て思いっきり遊ぶという人もいれば、日頃の疲れを癒やすために家でダラダラする人、平常どおりに仕事三昧の人、これを機にタスク管理やルーチンを見直して、生活を立て直そうという人もいるかもしれない。

 

僕は、というと、上に書いた四つの選択肢をすこしずつこなす、といった感じだ。

まずは家内と二人で映画館へ行ってから、いつも子どもたちがいては行けないようなレストランでランチをしようか。その晩はゆっくりお酒でも呑んで、さっさと寝てしまおう。

次の日は朝早く起きて、最近破綻しかけているOmniFocusのルーチンタスクとEvernoteのノートを再構築する。計画(理想)と行動(現実)をまっとうな位置に戻せば、きっと清々しくリブート(再起動)できるだろう。

午後からは冬の間しまっておいたキャンプ道具を車に積みこんで、食材や必要なものを買い出しにいく。

その次の日は朝から近くのキャンプ場へ出かける。海と森と土の香りを胸いっぱいに吸いこんで、しばし現実を忘れよう。

新しいグリルを購入したので、それを使うのも楽しみだし、新しいアウトドア料理にも挑戦したい。ブログを書くためにそれらの写真をたくさん撮るので、半分仕事みたいなキャンプになるだろう。

翌日は午前中にキャンプ場を出て、午後はワークをこなして、岩盤浴でも行けたら最高だ。

最終日は通常の日曜日と同じく、朝から晩までブログ三昧といったところだろう。

ああ、それから、休み中も毎日ランニングと筋トレをしたいな。短時間で効率的な基本的な筋トレはどういうものを選んだらいいのだろう。

なんていう流れで、MacのカレンダーにGWのスケジュールを詰めこんでいるのだけれど、いずれにせよ、しっかり再起動して、心からも体からも重苦しい贅肉を削ぎ落として、また日常の舟に帰っていきたい。

大人になると、休みだからって勢いにまかせてやりたいことだけやっているわけにはいかないんだな、と、この歳になってようやく実感とともに気づいたらしい。

皆さんも、たまには再起動しましょうね。登山とかもいいみたいですよ。チャオ!

2014年5月1日。午後8時37分。書斎にて。映画「LIFE」終わっちゃったんだなあ。観たいのがあんまりねえぞ。

今日の茅ヶ崎海岸

IMG 6662

今日の更新記事

超簡単糖質制限メニュー!「春キャベツの味噌チゲ風」の作り方。 | CLOCK LIFE*

関連記事

花に水を、心に休息を、MacにOnyXを。 | CLOCK LIFE*

[ 日刊CL*53 ] 心身の奥底に沈んだ疲労を回復させるために、僕が決めた2つのこと。(バランス5)2014/02/07 | CLOCK LIFE*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です