結局Apple Watchでランニングは変わったの?

IMG 0316

Apple Watchを買ってから、毎日のランニングに使ってるんだけど、これ走ってるときにリアルタイムでたくさんの情報をチェックできるんですなー!

画面表示が大きいから、動きながらでも楽に見られるの本当に便利。

ランニング・ウォッチは、もうApple Watchしかないかも。

Apple Watch「ワークアウト」中に確認できる6つの項目

距離

IMG 0301

▲ 走行距離を確認しながら走れば、体力のペース配分も楽。

経過時間

IMG 0303

▲ 経過時間も同じ。とくに初心者ランナーは、あとどれくらい走るのか理解しながら走ったほうがいい。

心拍数

IMG 0299

▲ ランニングに限らず、エクササイズ中に心拍数をリアルタイムで見られるのはマジ便利!ダイエット目的なら、心拍数は常にチェックすべし!

消費カロリー

IMG 0300

▲ ダイエット中は、この数値が背中を押してくれるはず!減った分だけ食べたっていいさ!

走行ペース

IMG 0302

▲ 本格的にトレーニングするなら、目標ペースを確認しながら走るべき。

一時停止と終了

IMG 0304

▲ トイレ入ったり、途中で休憩するときは、さっと「一時停止」できる。画面強押しでもできます。

この便利さ知ったら、ハートレートモニタには戻れない

以前「ランニング初心者がハートレートモニタを使うべき3つの理由☆」ていう記事を書いて、今も毎月たくさんの人がAmazonで買ってくれてるんだけど、時代はもうApple Watchですわ。戻れません。

初心者ランナーは心拍数や消費カロリーを、ベテランランナーはペースとかをリアルタイムで確認すれば、モチベーションもトレーニングの正確性もぐんと上がるはず。

今までありがとう僕のSUUNTOよ!

胸に心拍測定ベルトを巻く必要がないってのが一番大きいけど、視認性とか操作性とかも、さすがAppleだけあって段違いにいいですから。

ランナーに限らず、エクササイズをする人は、ワークアウトの機能だけでも、Apple Watchを買う価値ありますよ。だからSPORTモデルが一番安いんだな〜。

Apple Watch SPORT 42mm

Apple Watch SPORT 38mm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です