存在を忘れることのできるカメラ

IMG 0525

昨年の夏に買ったNikonのタフ・コンデジが、やっぱりアウトドアで最強なんだよなあ。

存在を忘れることのできるカメラ

シリコンカバーでさらにタフに

IMG 0520

ポイントはこのオレンジのシリコンカバー

ただでさえ防水・防塵のタフカメラなのに、これ付けたらマジ最強です。

厚めのシリコンでガードされるから、どっかにぶつけちゃったり、傷つけたりといった心配がまったくない。

つまりカメラの存在を忘れられる!

海とか山とかでワイワイ盛り上がって子どもみたいにはしゃいでるときに、iPhoneとかカメラ持ってるとわずらわしいじゃないですか。精密機器を身につけてのアウトドアは、けっこうストレスフル

でもこれだと、本当に気にならない。

背中に回しておく

IMG 0545

カメラストラップは首から提げるんじゃなくて、ななめにかけて背中にしょっちゃうと、本当に存在を忘れられる。

万が一何かがぶつかったり、後ろにひっくり返ったって、シリコンカバー&タフカメラだから大丈夫。むしろ心配なのは僕の背中の方だ。

アウトドアじゃなくても

IMG 0529

これだけカメラの存在が気にならないと何がいいかって、いつでもどこでも持ち運ぶようになるんですよ。

僕の写真の先生は、いい写真を撮るコツを「いつもカメラを持っていること。いつでもどこでも撮ること」と言ってるんだけど、AW120なら、その「たくさん撮る」からのスタートができるわけ。

今はみんなスマホ持ってるから、いつもカメラを持ってるんだけど、海とか山とかハードなアウトドア環境だとスマホも気になるでしょ。落としたり壊したりしないかって。

IMG 0516  1

AW120は本当に気にならない。iPhoneはバッグに入れても、こいつは常に肌身離さない。いつも持っている。いつでもどこでも撮れる

10515275 702971036446472 1221699498034557653 o

「カメラが身体に同化する」くらい自然になると、別にアウトドアじゃなくたって、遊びに行くにも仕事で出かけるにもとにかくいつも持ち歩くようになる。

この安心感と親愛感はなかなかのもんですよ。

フィールドで家族の写真をたくさん撮りたい人にも、アウトドア万歳な人も、一眼レフがホコリをかぶってる人にもいいと思いますよ。

Nikon COOLPIX AW120

最強シリコンカバー

新しいの出てるじゃん!AW130