Apple Watchはアウトドアで使えるのか?

10404391 836408953079286 8525420416617911752 n

Apple Watchはアウトドアで使えるか?

答えはイエスでありノーである。

先日、海辺のキャンプ場に泊まりこんでBBQパーティをやったときに、Apple Watchを着けていったので、いろいろ検証してみました。

バッテリは1泊2日いけた

IMG 0555

▲ キャンプ2日目の夕方でバッテリ残量は「12%」

前日の朝8時から使い始めたので約32時間の使用でこの数値は、思ったより優秀ですね。

「持ってない人に教えたいApple Watchのある一日 」に書いたほど、いろいろと使ってはいないけれど、電話はかなり使ったし、アクティビティアプリもずっと動いていたし、やはりバッテリはそれなりに保つなあ、という印象です。

ちなみに二日目の夜には0%になった。

防水は気にならなかった

11261739 834072360003005 2834415312833583611 n

Apple Watchは防水ではなく耐水仕様なんだけど、1km泳いでも30分以上水に浸けていても大丈夫だって話もあるし、海で遊ぶときも特に気にはならなかった。

まあ水圧と海水のこともあるので、サーフィンやマリンスポーツをやるのはちょっと気がひけるけど、水場でも僕は存在を忘れて遊んでました(実際水には浸けていない)。

保護カバーがなかったら、ちょっと怖いかも

IMG 0910

僕は『Spigen ラギッド・アーマー』というApple Watch専用保護ケースを着けて、液晶保護フィルムも貼ってる。

これがなかったら、アウトドアに持ち出すのはちょっと躊躇するかも。

というか、アウトドアでもバンバン使えるように、僕はこの保護カバーを買ったわけだ。

IMG 0566

▲ こうやって見比べてみると、本体まわりがかなりしっかりガードされてるのがわかる。むき出しコワイ!

保護フィルムだって、貼ってれば安心感もぜんぜん違う。

少なくとも僕は、保護カバーなしで海や山に出かける勇気は、今のところないです。

液晶部分はやや不安

とはいえ、液晶部分はフィルムでしか保護されていないのでちょっと不安。

Spigenの上位モデル『タフ・アーマー』だったら、スクリーンガードが入っていて、保護フィルムを貼らなくてもしっかりガードされているようなので、こっちにすればよかったかも。

 

 

まわりの部分もラギッド・アーマーよりひとまわり大きい感じで、強固に守ってくれそうだし、デカくてゴツいほうが好きなので、これほしいなあ。

Spigenさん送ってくれないかな?(笑) しっかりレポートしますよ!

家よりアウトドアでこそ、Apple Watchは便利だった。

11258906 10153309080120513 5546735193164848127 n

30人近くの人が集まったので、パーティの準備中には電話がバンバンかかってきます。

その度にいちいち作業の手を止めて、ポケットからiPhoneを出して、って今までならやってたんだけど、Apple Watchでさっと受けて、手首で話すのがメチャクチャ便利で笑っちゃった。

炭火をおこしたり、カートで荷物運んたり、料理の仕込みをしたり、アウトドアでは両手がふさがってる場面ばかりですから。

iPhoneをモバイルバッテリで充電しながら安全な場所に置いておいて、通話とかメッセージの確認をApple Watchでやる、って流れが、やたらとスムーズで、すげー楽ちんでした。

Apple Watchはアウトドアで使えるか?

カバーなしだとちょっとノーだけど、ガードすればオーイエス!ってところでしょうか。

IMG 0548

▲ BBQパーティの準備やテント設営など、キャンプ作業をやってるだけで約500kcalも消費してるんだなあ。アウトドア万歳!

Spigen ラギッド・アーマー 42mm

もっとゴッツイ!タフ・アーマー 42mm

元のデザインを損なわない薄型タイプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です