バイク旅の一番の不安を追いやってくれるもの。

IMG 2326

今月末から北海道へキャンプツーリングに行くんだけど、バイクの長旅で一番コワイのはパンク。

しかも北海道だと、100kmくらいガソリンスタンドも何もないなんてこともザラらしいので、なおさらコワイ!

ということで、あくまでも応急処置だけど、「瞬間パンク修理材」が欲しいなあと思っていたら、読者さんがプレゼントしてくれました。ありがとうございます!

スリーボンドタイヤパンドー 瞬間パンク修理材

DSCN5472

▲ iPhone 5sと比較してこれくらい。コンパクトでいいね。

IMG 2327

▲ 外装ケースにはこんな風にバンドが付いてた。荷積みしやすそう。

IMG 2325

▲ 品質保証期限があるんですね。

IMG 2329

▲ 中身を取り出したところ。

IMG 0933

▲ 高圧ガスを使用した可燃性の製品なので、外装ケースには断熱材が入っている。

DSCN5473

▲ チューブタイヤにも使えるので、僕のKAWASAKI 250TRでもオーケー!

DSCN5474

▲ 接地面以外の場所のパンクだと、うまくいかないこともあるらしい。

DSCN5475

▲ ざっくり言うと、パンク箇所にノズルの先端をぶっ刺して、白い泡状の液を30秒くらい注入すれば、パンクが治って空気も入るという仕組み。

注入したらすぐに3〜5km走らないとダメなんだって。詳細は説明を読んでください。

イザというときのために、長旅には安心を。

ぶっちゃけ、がっつりパンクしたら、こういうのがあってもダメなんじゃないの?

という気はしてます。

チューブレスタイヤならまだ使えるかもしれないけど、やっぱり応急処置というか、イザというときにしばらく走れるようにするための保険的なツールかもしれません。

でも、ガソリン携行缶もそうだけど、こういうのを持っているかいないかで、旅の気持ちの余裕は大きく違ってきます。

北海道にはぜひ持っていきたかったので、うれしいです!本当にありがとうございました!

これを使う機会がないように、祈っていてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です