夢を叶える

ひとりでやる仕事は小さなことしかできない、わけじゃない。

コボリさんの「100年日記」の本に、ミッフィーの作者であるディック・ブルーナさんていう人が出てきたんです。

ブルーナさんは、世界的に有名な絵本作家なのに、仕事はぜーんぶ自分でやるんですって。

制作の手伝いや雑用をやるアシスタントすらいない。

ワンルームのアトリエで、たったひとりで黙々と作業する。

コボリさんは『ディック・ブルーナのデザイン』という本で、ブルーナさんのそういう仕事のスタイルを知って、えらく感動したというお話。

「ひとりでやる仕事は小さなことしかできない」

と思いこんでいたんだけど、やり方によってはブルーナさんのように、世界中に影響を与えるドデカイ仕事もできるんだと。

なるほどなー

たしかにそうですよね。大きな仕事は大人数でやらないといけないって思っちゃうけど、ひとりのほうが成果を出せる仕事だってあるし、僕もそういうタイプだし、そもそもそんな大きな仕事をやらなくたっていいし。

それに今はパソコンとネットのおかげで、いろんなことが一人でできちゃう世の中だもんね。

「自分に合ったスタイルでいい」とわかっていながらも、「でも本当に大丈夫かしら?」って不安になっちゃう。

でもディック・ブルーナさんくらいのスゲー人が、実際にそうやって成功しているのを知ると、勇気になりますよね。

そういう意味でも「あの人みたいになりたい」という「理想の人リスト」を作るといいよ、とコボリさんはおっしゃいます。

誰かに憧れるのって、深みにはまると自分を縛ってしまう鎖にもなり得るけど、その人のいいなと思ったところだけを拾って、憧れも変わっていくんだってわかってれば、なりたい自分に近づけるよねー。

知識って力になる。そして楽しい。ブルーナさんの本も読んでみよーっと。

関連記事

  1. こころハック

    「あたたかく笑顔の絶えない家庭」って何ですかー?いう話。

    「あたたかく笑顔の絶えない家庭を作っていけたらと思っております…

  2. コラム/エッセイ

    死にたいように死んだ川島なお美ちゃんありがとうね。

    今年ガンで亡くなった川島なお美さんの写真をテレビで見て、目が釘付けにな…

  3. コラム/エッセイ

    答えは、あなたのちっぽけな思考の外からやってくる。

    最近、ちょっと先のことを考えていて、モヤモヤしてたんです。やり…

  4. 好きなことだけして生きていく

    10年くらい尻にしいてたらペタンコになっていた座布団

    これSNSでもシェアしたんだけど、とてもわかりやすかったのであ…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. こころハック

    ビビったときに思い出す3つの言葉
  2. 日刊・週刊

    日曜日の夕暮れに。(2013/01/27)
  3. 映画

    近未来。やまない雨。荒廃した街。カオス。アジアの貧民。アナログなデジタル機器。外…
  4. ガジェット/家電

    イケてるキャッチコピーキャンペーンでゲットした「Beats by Dre Urb…
  5. 音楽

    ウクレレをはじめよう!誰でも簡単に弾ける!秋の夜長にハッピー・バースデイ☆
PAGE TOP