マンガ

恋は雨上がりのように、僕らの傷を癒やしていく

人はいつのまにか恋をしなくなる。

結婚しているとか倫理がどうとかではなく、歳をとると若い頃のように身を焦がすような恋に落ちることは少なくなる。

傷つくのが怖いからだ。大人が切実な恋愛に破れるとその傷は自己否定を伴ってなかなか癒えない。

漫画『恋は雨上がりのように』は、傷を負った女子高校生と、傷つくのを恐れる中年男の物語だ。

17歳のあきらはバイト先のファミレスのうだつのあがらない店長に恋心を抱いている。彼女はまっすぐな気持ちをぶつけるも、中年の店長は一歩を踏み出せない。

「俺なんかのどこがいいの?」

「人を好きになるのに理由なんていりますか」

「夢も希望もなにもない。僕はカラッポの中年だ」

しきりに胸がしめつけられるのは…、その若さと純粋さ。

象徴的に描かれる爽やかな青空と雨のシーンに、少女と中年の心の揺れが重なっていく。物語は明るく軽妙に展開していくが、いつのまにか僕の胸は切なくてきゅっとなる。

誰もが通った眩しい季節と、誰もがいつか味わうほろ苦い追憶。

雨が降ると、傷がうずく。だからあの人に会いたい。

恋とはけっして傷の舐めあいではない。けれど恋は傷を癒やしてくれる。

関連記事

  1. 名言

    「彼の頭の中にはとにかく余計なものがいーっぱいついてるのよ。障害うんぬんの前にね」リアル (6)

    バスケ部のキャプテン・高橋は、交通事故で下半身が麻痺してしまい、もう一…

  2. 映画

    忘れられないメシがある。忘れられない人がいる。『極道めし』80点

     この映画を見終わった後には、すべての食べ物がおいしくなる。…

  3. コラム/エッセイ

    楽しいことも哀しいことも半分ずつあるのに、どうしたら楽しいことだけ増やせるんだろう?

    山登りに興味が出てきたので、ひさしぶりに映画『岳』を見て、原作漫画も読…

  4. 名言

    「のんびりいこうよ、人生は」ドラえもんよりグッとくるのび太の名言まとめ

    昨日アメトークでやってたドラえもん芸人見ました?おもしろかった…

  5. こころハック

    海辺のカラス男は「助けて」と言わない。

    海辺の散歩道でカラスに餌付けをしているおじさんがいた。…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ガジェット/家電

    耳を鍛えなくても音楽を解釈できる一生モノのイヤホン:SONY MDR-EX100…
  2. オートバイ/車

    先のことが見えないので、北海道一周してきていいですか?
  3. こころハック

    好きなことばかりやってたら、映画俳優に会えました。
  4. キャンプ/アウトドア

    BBQのシメはこれで決まり!10分でできる簡単ごきげんおいしいトマトリゾットの作…
  5. デジタルツール/Webサービス

    <去年のお正月にボクは何を食べていたのか?>Facebookで過去の投稿を調べる…
PAGE TOP