マンガ

恋は雨上がりのように、僕らの傷を癒やしていく

人はいつのまにか恋をしなくなる。

結婚しているとか倫理がどうとかではなく、歳をとると若い頃のように身を焦がすような恋に落ちることは少なくなる。

傷つくのが怖いからだ。大人が切実な恋愛に破れるとその傷は自己否定を伴ってなかなか癒えない。

漫画『恋は雨上がりのように』は、傷を負った女子高校生と、傷つくのを恐れる中年男の物語だ。

17歳のあきらはバイト先のファミレスのうだつのあがらない店長に恋心を抱いている。彼女はまっすぐな気持ちをぶつけるも、中年の店長は一歩を踏み出せない。

「俺なんかのどこがいいの?」

「人を好きになるのに理由なんていりますか」

「夢も希望もなにもない。僕はカラッポの中年だ」

しきりに胸がしめつけられるのは…、その若さと純粋さ。

象徴的に描かれる爽やかな青空と雨のシーンに、少女と中年の心の揺れが重なっていく。物語は明るく軽妙に展開していくが、いつのまにか僕の胸は切なくてきゅっとなる。

誰もが通った眩しい季節と、誰もがいつか味わうほろ苦い追憶。

雨が降ると、傷がうずく。だからあの人に会いたい。

恋とはけっして傷の舐めあいではない。けれど恋は傷を癒やしてくれる。

⬇️ここまで読んでくれた人は、TwitterやFacebookでシェアしてくれたら、おいちゃん嬉しくって涙が出ちゃうぜ

関連記事

  1. こころハック

    海辺のカラス男は「助けて」と言わない。

    海辺の散歩道でカラスに餌付けをしているおじさんがいた。…

  2. 映画

    【映画放談】『ヒミズ』住田がんばれ!俺もがんばる!原作に一滴の希望を落とした映画版。

    ネタバレ注意!映画について言いたいことを言うだけの戯れ言エント…

  3. マンガ

    <期間不明セール>「殺し屋1」が全巻で110円!ついでに「ブッダ」全巻買ってもうた!

    浅野忠信主演で映画にもなった伝説のド変態グロヤクザマンガ「殺し屋1」が…

  4. ビジネス/成功

    会社を辞めたいあなたへ。転職の答えと現実と夢を教えてくれる『エンゼルバンク』

    ビジネス書がキライだ。文章もかしこまってるし、小難しくて、つま…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. 映画

    忘れられないメシがある。忘れられない人がいる。『極道めし』80点
  2. コラム/エッセイ

    「でもあんたにだって負けやしないぜ」__ジーコの魂
  3. キャンプ/アウトドア

    存在を忘れることのできるカメラ
  4. 映画

    親子愛とSFの糸の濃密な絡み合い『インターステラー』85点
  5. コラム/エッセイ

    「モノクロならいい写真が撮れるとでも思ったかい?」とあいつは言った。『Huele…
PAGE TOP