マンガ

恋は雨上がりのように、僕らの傷を癒やしていく

人はいつのまにか恋をしなくなる。

結婚しているとか倫理がどうとかではなく、歳をとると若い頃のように身を焦がすような恋に落ちることは少なくなる。

傷つくのが怖いからだ。大人が切実な恋愛に破れるとその傷は自己否定を伴ってなかなか癒えない。

漫画『恋は雨上がりのように』は、傷を負った女子高校生と、傷つくのを恐れる中年男の物語だ。

17歳のあきらはバイト先のファミレスのうだつのあがらない店長に恋心を抱いている。彼女はまっすぐな気持ちをぶつけるも、中年の店長は一歩を踏み出せない。

「俺なんかのどこがいいの?」

「人を好きになるのに理由なんていりますか」

「夢も希望もなにもない。僕はカラッポの中年だ」

しきりに胸がしめつけられるのは…、その若さと純粋さ。

象徴的に描かれる爽やかな青空と雨のシーンに、少女と中年の心の揺れが重なっていく。物語は明るく軽妙に展開していくが、いつのまにか僕の胸は切なくてきゅっとなる。

誰もが通った眩しい季節と、誰もがいつか味わうほろ苦い追憶。

雨が降ると、傷がうずく。だからあの人に会いたい。

恋とはけっして傷の舐めあいではない。けれど恋は傷を癒やしてくれる。

関連記事

  1. 映画

    超人気コミック『アイアムアヒーロー』実写映画は成功するのか。長澤まさみは歓迎だけども。

    花沢健吾さんの人気コミック『アイアムアヒーロー』が実写映画化さ…

  2. こころハック

    「あの花」が教えてくれる罪悪感を、僕達はまだ知らない。

     (画像:Amazon)人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知ら…

  3. コラム/エッセイ

    ドヌーヴと西郷どんと狩撫麻礼と壇蜜。|ブログ日記

    2018/01/13/土 晴れ。日陰は寒い。ハリウッドのセクハラ問…

  4. 映画

    【映画放談】『モテキ』(2011) ビッチな長澤まさみという天使を見た!

    ネタバレ注意!映画について言いたいことを言うだけの戯れ言エント…

  5. 書籍/小説

    漫画家の「朔ユキ蔵」さんは、やっぱり女性だった!というお話。[ 日刊CL*75 ] 2014/03/…

    知ってる人は知っているんだろうけど、漫画家の朔ユキ蔵さんは、やっぱり女…

  6. コラム/エッセイ

    楽しいことも哀しいことも半分ずつあるのに、どうしたら楽しいことだけ増やせるんだろう?

    山登りに興味が出てきたので、ひさしぶりに映画『岳』を見て、原作漫画も読…

最近の記事

〈note〉エッセイやコラムはこちら


月別の過去記事

  1. ライフハック

    月曜日の朝をハッピーに迎えるための5つの秘訣。
  2. 日刊・週刊

    日曜日の夕暮れに、ハードワークと習慣化とレインウェアと内なる平和を想う。(201…
  3. グルメ

    ニューオリンズのおふくろの味。ティアナのガンボスープレシピ4選。
  4. レビュー/買物

    スーツ着てキレてるシュールなおっさんたちがやってきた。
  5. キャンプ/アウトドア

    海山アウトドアやお風呂にも!iPhone5防水ケース『AQUA MARINA』は…
PAGE TOP