エリカ様の想像を超える濡れ場の連続。『へルタースケルター』

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
若い頃、岡崎京子の暗い漫画が好きだったのと、蜷川実花監督の『さくらん』が良かったのと、沢尻エリカが大胆に脱いでいるという噂を聞きつけたので『ヘルタースケルター』を観た。見どころと残念なところを主観でまとめてみた。

へルタースケルターの見どころ

  • オープニングからエリカ様のおっぱいどーん!
  • 想像以上の濡れ場の連続。
  • 蜷川実花の色彩世界
  • いつも同じような役柄の寺島進の安定感
  • 寺島しのぶのいじめられっぷり
  • 桃井かおりの存在感

へルタースケルターの残念なところ

  • エリカ様の演技レベルが残念
  • 色彩と音楽の織りなす演出が陳腐(クラシックの多用とかエヴァの焼き増し?)
  • 大森南朋の知的なキャラクタがなんか嘘くさい
  • エリカ様のPVかと思ってしまうほど同じような構図が繰り返されて疲れる

見た目からの脱却が今後を左右するのかな?

蜷川実花写真集 ヘルタースケルター HELTER-SKELTER MIKA NINAGAWA
監督デビュー作『さくらん』では、その色彩美に驚かされた蜷川実花監督だけど、今回も同じレベル。辛く言えば進歩なし。女流漫画家の人気作品の原作に、絵と話題になる女優を使って、自分の得意なスタイルで映像化して、それなりに客が入って騒がれて、まあいいんじゃない?という感じ。

さくらんは時代劇だったしどこかファンタジックな花魁の世界だったので、浮き世離れした色彩もしっくりきたけど、本作は細部に無理が見えてしまった。もちろんこういう映画にリアルは求めていないけれど。

総合的に見ると配役は間違っていないのかも。逆に言えば桃井かおりと寺島しのぶがいなかったら成立しないかも。

原作が連載していた90年代ならば衝撃的な内容も、整形がより氾濫した現代ではインパクトが薄まってしまっているのも否めない。

蜷川実花はメガフォンを取るよりも、美術監督に専念すればもっと活躍できるような気がするのは僕だけだろうか。北野武監督と組めばけっこうおもしろい映画が撮れると思うんだけどな。

 海外ドラマ『ウォーキング・デッド』が僕らを惹きつける7つの理由
 2012年に僕の心をわしづかみにした映画 BEST6☆ #2012movie
 海外ドラマにもたれた胃にほっとするやさしい味を。『深夜食堂』Hulu